Welcome to my blog

『舟を編む』三浦しをん / 広く深い言葉の海

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『舟を編む』三浦しをん / 広く深い言葉の海 

三浦しをん さん
『舟を編む』

言葉はときとして無力だ。
けれど、言葉があるからこそ
心の中に残る大切なものがある。



あらすじ&感想


玄武書房に勤める馬締光也は、 辞書編集部に迎えられる。新しい辞書『大渡海』を編むために。個性的なメンバーの中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか。本屋大賞受賞作。





遅まきながら、三浦しをんさんデビューです。
2012年の本屋大賞の『舟を編む』。
まずはこれを読もうと思っていました。
素晴らしい物語ですね。
辞書を開きたくなってしまいます。
そして、辞書の面白さや言葉の奥の深さにも気付かされました。


辞書を編む


ひとは辞書という舟に乗り、暗い海面に浮かびあがる小さな光を集める。もっともふさわしい言葉で、正確に、思いをだれかに届けるために。もし辞書がなかったら、俺たちは、茫漠とした大海原をまえにたたずむほかないだろう。



私が初めて辞書で調べた言葉はなんだっただろう。
この本を読んだあとに辞書をめくりたくなりました。
残念なことに実家に置いてきてしまったため手元にありません。
・・・ちょっと後悔。

それにしても、舟を編むという表現は素敵ですね。
なんのことだろうと思いましたが辞書を作るということなんですね。
辞書って凄いものなんだなぁと感嘆しました。
馬締さんたちは、新しい辞書『大渡海』を編むために奮闘します。
膨大な時間と労力をかけて。
まさに人生を注いでいます。
言葉をメモにとり正確に調べる。
それには辞書は必要不可欠です。

その間にも言葉は日々流れていく。
日本だけでもたくさんの言葉が溢れていて、本当に海のように果てなく広いものです。
私なんて、ほんのひと握りの言葉しか知らないのではないかと思い知らされます。
奥が深いですね。

『舟を編む』を読んで、一番痛感したのが、言葉の大切さでした。





言葉の世界


たくさんの言葉を、可能なかぎり正確に集めることは、歪みの少ない鏡を手に入れることだ。歪みが少なければ少ないほど、そこに心を映して相手に差しだしたとき、気持ちや考えが深くはっきりと伝わる。一緒に鏡を覗きこんで、笑ったり泣いたり怒ったりできる。



相手に自分の気持ちを正確に伝えることは難しいものです。
言葉のニュアンスや選び方で、正しく伝わらなかったりします。
終いには自分が何を伝えたいのかさえ分からなくなったりもして・・・。
もどかしい。
言葉が浮かんでこないのです。
そんな自分に愕然としたりする時もあります。

『舟を編む』を読んでいて、そんな思いが頭をよぎりました。
たくさんの言葉を可能なかぎり正確に集めること―。
私の足りていないところです。
知っている言葉の少なさに改めて気付かされます。
言葉を知らなければ、相手に正確に気持ちを伝えられないばかりか、すれ違ってしまいがちですね。
私の苦手分野です。
・・・なんか損してるなぁと思いました。


***


ミステリー小説以外のものを読むのは久しぶりです。
最初はなんか物足りなさを感じましたが、読んでいるうちにだんだんハマっていく自分がいて。

ラストの展開では涙ぐみました。
・・・悔しい。
でも故人を偲ぶときにも、やはり言葉は大切なものだと実感しました。
月日が流れても言葉の中に故人は生きている。
今度、実家に帰ったら間違いなく辞書を開くと思います。


拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
ひだまりさん。のプロフィールページ

本屋大賞, 言葉,

2 Comments

藍色  

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

2015/10/06 (Tue) 16:46 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

藍色さんへ。

こんにちは。
またブログに伺いたいと思います。
ありがとうございました!!

2015/10/06 (Tue) 22:32 | EDIT | REPLY |   

Add your comment