Welcome to my blog

『だれも知らない時間』安房直子 / 秘密の時間と夢の世界

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『だれも知らない時間』安房直子 / 秘密の時間と夢の世界 

安房直子さん
『だれも知らない時間』

そんなにひまがほしいんなら、
あんたに、わたしの時間をわけてあげようか。





あらすじ&感想


岩かげに、200年も生きている大きなカメがいました。それでもそのカメは、まだあと100年ほど命が残っていました。ある時、漁師の良太は1日に1時間ずつ、カメに時間を分けてもらいます。そして、その時間を使って、太鼓の練習をするのですが、一人の少女と出会うのです。心にじわじわと染み渡る切ない物語。


1日48時間あればいいのに・・・。
とよく思います。
読みたい本も多いし、録画した映画も見たいし、ゲームもしたい。
なのに時間はあっという間に過ぎ去ってしまう。
そんな私には『だれも知らない時間』はとても魅力的に思えました。


秘密の時間


「人が、一日二十四時間しかもたないところを、あんたは、二十五時間もつんだ。これはすてきなことだよ。その、はみだし一時間で、なにをしようと、けっしてだれにもわからない。」



・・・なんて魅力的な時間なんでしょう。
良太はカメから1日1時間だけ時間を分けてもらいます。
夜中の12時から1時間だけ。
その間は何をしても誰にも気づかれません。
良太以外の人の時間は止まっているのです。

私だったら何をするだろう。
大音量で歌を歌ったり、普段入れない所にも入れちゃったりもしますね。
・・・色々考えますが、やはり結局はいつも通り本などを読んで過ごしそうです。

その秘密の一時間で良太は太鼓の練習をするのですが・・・。
ある時、だれも知らない時間なのに一人の少女が良太の前に現れます。
さち子という名前の少女は、カメの夢の中の住人だったのです。


夢の世界とほろ苦さ


『だれも知らない時間』は少し切なさが残ります。
さち子もカメから時間を1時間だけ分けてもらっていたのです。
その時間の中で海の上を歩き、島の病院までお母さんに会いに行っていました。
ですがお母さんが亡くなってしまい、海の上を走っていたときに時間が切れて海の中に落ちてしまいました。





海の中にあったのはカメの夢の中の世界です。


「海の中には、わたしの夢の世界があるんだもの。それは、すきとおった、大きなつぼだ。みがきあげられたガラスのつぼがひとつ、海の底にころがっているんだ。」



素敵な表現ですよね。
安房直子さんのこういう言葉が好きです。

さて、この物語の何が切ないかというとカメの行いにあります。
良太はカメに、さち子を現実の世界に戻して欲しいとお願いします。
そして、カメのとった行動とは・・・。

自らを犠牲にしてさち子を現実世界に戻すこと。

宮沢賢治さんの思想と似通ったところがあります。
銀河鉄道の夜の「さそりの火」が思い浮かびました。
みんなの本当の幸いのために・・・。
自分を犠牲にして他人の幸せを願う精神は、なかなか真似ができませんね。
頭が下がります。

それと同時に少し切なくなりました。
本を閉じた今もまだ余韻が残っています。
何気ない日常のふとした時に思い出す物語。
安房直子さんの童話はそんな物語です。
心に深く刻まれました。

関連記事

拍手頂けると励みになります(*^^)


この記事を書いた人って、どんな人?
ひだまりさん。のプロフィールページ

安房直子, 自己犠牲の愛,

0 Comments

Add your comment