Welcome to my blog

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:
Category: 貫井 徳郎

「犯罪症候群」原作『殺人症候群』貫井徳郎/響子と渉の復讐と悲しい結末 

貫井徳郎さん『殺人症候群』ドラマ「犯罪症候群 season2」原作復讐は悪なのか―あらすじ&感想殺人を他人から依頼されて代行する者がいるかもしれない。警視庁の環敬吾は特殊工作チームのメンバーを集め、複数の死亡事件の陰に殺し屋の存在がないか探れと命ずる。事件の被害者はみな、かつて人を死に至らしめながらも、未成年であることや精神障害を理由に、法による処罰を免れたという共通点があった―愛する者を殺されて、自らの手...

『誘拐症候群』貫井徳郎/誘拐事件と衝撃の結末/犯罪症候群 season1原作 

貫井徳郎さん『誘拐症候群』症候群シリーズ2(犯罪症候群 シーズン1 原作)正義に罪はないのか?あらすじ&感想警視庁人事二課の環敬吾が率いる影の特殊工作チーム。そのメンバーのある者は私立探偵であり、托鉢僧であり、また肉体労働者である。今回の彼らの任務は、警察組織が解明し得なかった、自称・ジーニアスが企てた巧妙な誘拐事件。『症候群シリーズ』第二弾。再び現代の必殺仕置人が鮮やかに悪を葬る。―「BOOK」データベー...

『失踪症候群』貫井徳郎/なぞのチームと失踪する若者たち/症候群シリーズ1 

貫井徳郎さん『失踪症候群』症候群シリーズ1若者の失踪、その背後にあるものとは―。あらすじ&感想失踪した若者たちに共通点がある。その背後にあるものを燻り出すべく、警視庁人事二課の環敬吾は特殊任務チームのメンバーを招集する。私立探偵・原田征一郎、托鉢僧・武藤隆、肉体労働者・倉持真栄。三人のプロフェッショナルは、環の指令の下、警視庁が表立って動けない事件を、ときに超法規的手段を用いても解決に導く。失踪者...