Welcome to my blog

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:
Category: 筒井 康隆

『時をかける少女』筒井康隆 / 甘く切ないラベンダーの記憶 

筒井康隆さん『時をかける少女』じゃあ、いってしまおう。きみが、好きになったからさあらすじ&感想放課後の誰もいない理科実験室でガラスの割れる音がした。壊れた試験管の液体からただようあまい香り。このにおいをわたしは知っている―そう感じたとき、芳山和子は不意に意識を失い床にたおれてしまった。そして目を覚ました和子の周囲では、時間と記憶をめぐる奇妙な事件が次々に起こり始めた。思春期の少女が体験した不思議な...

『ロートレック荘事件』筒井 康隆 / 鮮やかな叙述トリック 

筒井康隆さん『ロートレック荘事件』銃声が二発! 夏の終わり、美しい洋館で 惨劇が始まる……。あらすじ&感想夏の終わり、郊外の瀟洒な洋館に将来を約束された青年たちと美貌の娘たちが集まった。ロートレックの作品に彩られ、優雅な数日間のバカンスが始まったかに見えたのだが…。二発の銃声が惨劇の始まりを告げた。一人また一人、美女が殺される。邸内の人間の犯行か?アリバイを持たぬ者は?動機は?推理小説史上初のトリックが読...

『モナドの領域』筒井 康隆 / 時空を超えて 

筒井康隆さん『モナドの領域』すべてはわしが創ったんだ。これを愛さずにいられるものかねあらすじ&感想河川敷で発見された片腕、美貌の警部、不穏なベーカリー、奇矯な行動を繰り返す老教授―平凡な日常が突如かき乱された街に“GOD”は降臨し、すべてを解き明かしていく…。筒井さん自ら、「わが最高傑作にして、おそらくは最後の長篇」と言っていた小説。新潮社 2015 10月号の雑誌に掲載されて、ファンの間では話題になっていたよ...

『旅のラゴス』筒井 康隆 / なぜ旅をするのか 

筒井康隆さん『旅のラゴス』旅をすることが おれの人生にあたえられた役目なんだ。あらすじ&感想北から南へ、そして南から北へ。突然高度な文明を失った代償として、人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけるラゴスの目的は何か? 異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に人間の一生と文明の消長をか...