Welcome to my blog

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:
Category: 麻見 和史

『水晶の鼓動 警視庁殺人分析班』麻見和史 / 壊れた水晶と衝撃の結末 

麻見和史さん『水晶の鼓動 警視庁殺人分析班』その紅い部屋は何を意味するのか―あらすじ&感想殺人現場は、部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」!新人刑事・如月塔子と相棒の鷹野は、遺留品の捜査を開始する。だがそれは、連続殺人の始まりに過ぎなかった―。さらに時を同じくして、都内各所で連続爆破事件が発生!姿なき犯人の無差別な犯行に、国民の警察への不信感は高まるばかり。大量の人員がテロ対策に割かれ、特捜本部は危機...

『石の繭 警視庁殺人分析班』麻見和史/ 執念の復讐と予想外の結末 

麻見和史さん『石の繭 警視庁殺人分析班』その変死体は、何を意味するのかあらすじ&感想モルタルで石像のごとく固められた変死体が発見された。 翌朝、愛宕署特捜本部に入った犯人からの電話。なぜか交渉相手に選ばれたのは、新人刑事の如月塔子だった。自らヒントを提示しながら頭脳戦を仕掛ける知能犯。そして警察を愚弄するかのように第二の事件が―緻密な推理と捜査の迫力が光る傑作警察小説。ラストのどんでん返しが凄い!!...