Welcome to my blog

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:
Archive: 2015年04月

『誓約』薬丸岳 / 幸せの権利と人間の脆さ 

薬丸 岳さん『誓約』過去に罪を犯した人間は、幸せになってはいけませんかあらすじ&感想愛する家族に囲まれて、穏やかに暮らしていた向井の元に一通の手紙が届く。「あの男たちは刑務所から出ています」手紙には、ただそれだけが書かれていた。それは昔、向井が一人の女性と交わした誓約だった・・・。一気読みでした。読み始めから最後までストーリーに惹きつけられるのは流石ですね。テンポよく進む展開から目が離せません。幸せの...

ルピシアの紅茶と、幸せな時間 

紅茶の時間最近、夜に紅茶を飲みながら本を読むのが日課になっています。とても幸せな時間。ルピシアの紅茶が好きです。可愛い缶ですよね。北海道限定の紅茶です。今日はアッサムティをミルクで・・・。ガラスの透明ティーポットは、紅茶の色が楽しめます。注いでも垂れないのが嬉しい。ローラアシュレイでティーコジー(ティーコゼー?)を買いました。ティーポットに被せるやつです。温かさを保てます。あるとないとでは全然違います...

『ラットマン』道尾秀介 / 思い込みの真実と過ち 

道尾秀介さん『ラットマン』過ちと正しさが、そっくり同じ顔をしているのであれば、誰がそれを見分けられるというのだ。あらすじ&感想アマチュアロックバンドのギタリスト・姫川亮は、ひかりと交際しながらも、彼女の妹・桂に惹かれている自分に気づく。そんな中、練習中のスタジオで不可解な事件が起こる。ひかりが死んでいた。事故なのか、それとも・・・。事件の真相とともに、亮が秘めてきた過去の衝撃的な記憶も呼び覚まされる...

『だれも知らない時間』安房直子 / 秘密の時間と夢の世界 

安房直子さん『だれも知らない時間』そんなにひまがほしいんなら、あんたに、わたしの時間をわけてあげようか。あらすじ&感想岩かげに、200年も生きている大きなカメがいました。それでもそのカメは、まだあと100年ほど命が残っていました。ある時、漁師の良太は1日に1時間ずつ、カメに時間を分けてもらいます。そして、その時間を使って、太鼓の練習をするのですが、一人の少女と出会うのです。心にじわじわと染み渡る切ない物...

『切り裂きジャックの告白』中山七里 / 命の重さと家族の絆 

中山七里さん『切り裂きジャックの告白』守りたいひとのために―あらすじ&感想東京で、臓器をすべて抜かれた若い女性の無残な死体が発見さる。警視庁捜査一課の犬養隼人は、古手川とともに捜査に乗り出すが・・・。テレビ局に「ジャック」と名乗る犯人から声明文が届く。世間が動揺する中、第二、第三の事件が発生してしまう。やがて、被害者は同じドナーから臓器提供を受けていたことが明らかになり・・・。果たしてジャックは誰なのか...

ゆずミルクパン ☆ GOPAN 

ゆずとミルクのお米パンです。☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆材料A白米220g+水・・・・・・320gミルク・・・・・・・・・・・・・100g塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4g無塩バター・・・・・・・・・・・10g砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・16gB小麦グルテン・・・・・・・・・50gドライイースト・・・・・・・・3gCゆずピール・・・・・・・・・・・・・適量☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆米パンケースにAを入れてセット。グルテン・イースト容器にBを入れてセット。米パンメニュー、レーズンあり♪を押してスター...

『舟を編む』三浦しをん / 広く深い言葉の海 

三浦しをん さん『舟を編む』言葉はときとして無力だ。けれど、言葉があるからこそ心の中に残る大切なものがある。あらすじ&感想玄武書房に勤める馬締光也は、 辞書編集部に迎えられる。新しい辞書『大渡海』を編むために。個性的なメンバーの中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか。本屋大賞受賞作...

『向日葵の咲かない夏』道尾秀介 / 物語は終わらない  

道尾秀介さん『向日葵の咲かない夏』あの時ね― 最後に向日葵が見えたんだ。まるで神様みたいだったあらすじ&感想夏休みを迎える終業式の日。ミチオは先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。S君は首を吊って死んでいた。だが、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変え、ミチオの前に現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。ミチオは妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追い始めた。道尾さ...

『チョコレートコスモス』恩田陸 ☆ 暗がりの向こう側  

恩田陸さん『チョコレートコスモス』舞台はいつだって小宇宙。いつも俺たちの全てがある。あらすじ&感想ベテランの舞台女優・東響子は、幼い頃から舞台に立ち、多大な人気があった。そんな中、映画プロデューサー・芹澤泰次郎が芝居を手掛けるという噂を耳にした。奇妙な焦りと予感に揺れる響子。同じ頃、無名の学生劇団に、ひとりの少女が入団した。舞台経験などない彼女だったが、その演技力は天才的で、次第に周囲を圧倒してゆ...

『闇の底』薬丸岳 / 哀しすぎる完全犯罪 

薬丸 岳さん『闇の底』自分の中にもサンソンがいる― 私刑は悪か、それとも正義か。あらすじ&感想子どもへの性犯罪が起きると、同様の罪を犯した前歴者が殺されていく・・・。そして、サンソンと名乗る人物から、警察やマスコミに犯行声明文が届いた。そんな中、埼玉県警の刑事・長瀬は、過去の出来事によって苦しんでいた。そんな長瀬の元に、サンソンからメッセージが届き・・・。とても苦しみが後をひく作品でした。子供の性犯罪を題...

『カラスの親指』道尾秀介 / 鮮やかな詐欺師たち 

道尾秀介さん『カラスの親指』騙しているつもりが騙されていた!? 優しい詐欺師たちの物語あらすじ&感想人生に敗れて詐欺を繰り返す中年の二人組の元に、ある日一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増えて、5人と一匹になった。中年の男たちには、悔いても悔やみきれない過去があった。そして、過去とケリをつけるために、彼らは人生を懸けた行動に出る。彼らが企てた大計画とは?読み出したら止まらない逆転劇、そして迎える...

『青い花』安房直子 ☆ 青い傘の奇跡 

安房直子さん『青い花』不思議な青い傘。それは、ある日の海の色。雨あがりの青い空の色。あらすじ&感想裏通りに小さい傘屋がありました。その主人はまだ若者でしたが、立派な腕前の持ち主でした。あるとき町で、水色の服を着た小さな女の子に出会いました。その女の子が選んだ青い布で、傘を作ってあげました。その日から、不思議なことが起こったのです。図書館で借りてきました。安房直子さんの絵本です。絵は南塚直子さんが描...

『チグリスとユーフラテス』新井素子 ☆ 生きることの意味を考える 

新井素子さん『チグリスとユーフラテス』―私はなぜ生まれたんだろう。生きることに意味はあるのだろうかあらすじ&感想遠い未来。惑星ナインへ移住した人類は、人工子宮を繰り返し繁栄した。ところが、やがて原因が分からないまま、生殖能力を欠く人が増加し、ついに最後の子供、ルナが誕生してしまう。滅びゆくナインに、ひとり残されたルナは、コールド・スリープについていた人々を目覚めさせる。生きることへの意味を深く追求...