Welcome to my blog

藤城清治さんの絵本 /『銀河鉄道の夜』光と影の幻想的な世界

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

藤城清治さんの絵本 /『銀河鉄道の夜』光と影の幻想的な世界 

『銀河鉄道の夜』絵本

世界がぜんたい
幸福にならないうちは
個人の幸福はあり得ない


原作 宮沢賢治
影絵・文 藤城清治



あらすじ&感想


孤独な少年ジョバンニは、カムパネルラと共に銀河鉄道を行く汽車に乗って旅をする。その中で様々な人たちと出会い、みんなの「ほんとうの幸い」を願う。宮沢賢治原作の『銀河鉄道の夜』を藤城清治さんが文と影絵を手掛けた、幻想的な絵本。


『銀河鉄道の夜』は、数多くの書籍がありますね。
小説、絵本、漫画やアニメ映画など・・・。
それだけ多くの人によって語り継がれている名作で、ひきつけられる物語。
私も例外なく、どっぷりその魅力にはまっている1人です。
その多くの本の中から、この絵本を紹介したいと思います。





影絵で有名な藤城清治さんが手掛けた映像を元にして作られた絵本です。


光と影の幻想的な絵本


藤城さんの描く影絵はとても繊細で幻想的です。
展覧会などには足を運ぶのですが、その素晴らしさに圧倒されます。
その藤城さんが描く『銀河鉄道の夜』。
ため息が出るほど美しく『銀河鉄道の夜』の世界観にピッタリです。





この絵本の元には映像があるようなのです。
まだ見たことがないのですが、そのうち見るつもりでいます(*^_^*)

それでは、絵本『銀河鉄道の夜』の世界を少し覗いてみましょう。


ジョバンニの孤独


私はこの孤独な少年ジョバンニがたまらなく好きなのです。
絵本の始めの方はジョバンニの孤独な姿が描かれています。


遠い野原から汽車の音がきこえてきました。あの汽車の中にはたくさんの旅人がのっていて、りんごをむいたり、わらったりしているのかと思うと、ジョバンニはもうなんともいえずかなしくなって、また眼を空にあげました。



この表現にジョバンニの孤独感が表れていて、私も悲しくなってしまいました。





藤城さんの影絵からも寂しさが伝わってきます。
独りぼっちのジョバンニ。
クラスメイトからも、からかわれていまうのです。


「ジョバンニ、お父さんかららっこの毛皮がくるよ。」(中略) ジョバンニはもうなんともいえずさびしくなって、いきなり走りだしました。



・・・かわいそう。
なんとかしてあげたい気持ちになり、そんなジョバンニが愛おしく思えてしまう。
でもそんな中で、カンパネルラだけは違いました。


銀河鉄道にのって


汽車に乗って銀河鉄道を旅するジョバンニですが、そこにはカンパネルラもいました。

カンパネルラ、ぼくたち、
どこまでもどこまでもいこうね。


・・・ほんとうに、どこまでもどこまでも一緒に行けたらいいのに。
藤城さんの影絵を見ていると、私も一緒に銀河鉄道を旅しているかのような気分になります。
ジョバンニとカンパネルラと一緒に。





この絵本を読むと、切ないようなやるせないような気持ちが沸き上がります。
いてもたってもいられなくなるんです。
宮沢賢治さんの原作の素晴らしさが実感できる絵本です。
文字数は少ないのですが様々な感情が沸き上がり、読むのに時間を要してしまいます。
ここまで心に響く絵本は他には読んだことがありません。





ほんとうの幸せ


『銀河鉄道の夜』を読むときに幾度も出てくる「ほんとうの幸せ」。
この絵本でも何度も繰り返し描かれています。


ぼくも心をうつくしくもって、みんなの幸せになるような、生きかたをしたい。



ほんとうにみんなの幸せのためなら、ぼくのからだなんか、どうなったってかまわない。



ぼくもカンパネルラのように、みんなのために、きっとほんとうの幸せをさがしていくよ。



賢治が考える「ほんとうの幸せ」とは何だろう。
「幸せ」じゃなく、「ほんとうの幸せ」。
一時的に感じるものではなく、いつも心が健やかでいられるようなものという気がします。

そしてもう一つ有名な言葉。
この絵本にも描かれていますが、

世界がぜんたい
幸福にならないうちは
個人の幸福はあり得ない


宮沢賢治さんの作品を読むに当たって、「ほんとうの幸せ」は最大のテーマですね。
読み解くには、賢治の生い立ちやその他の作品に触れてみる必要がありそうです。
・・・もっと文章力もつけて賢治作品にふれて、いつかこのことについて書けたら良いなと思っています。





***


私が『銀河鉄道の夜』を知ったのは、杉井ギサブロー監督のアニメ映画が最初でした。
細野晴臣さん作曲の音楽も素敵で、サウンドトラックを買ってしまったほど。
宮沢賢治さんの「星めぐりの歌」のオルゴールバージョンとカムパネルラとの別れの曲「別離のテーマ」が切ないのです。

そして原作を読み、この絵本に行き着きました。
最初に見たのは猫のアニメだからか、『銀河鉄道の夜』といえば、あの独特な世界がまず浮かんできます。
それを壊すことなく、また違った幻想的な世界をこの絵本で味わえました。
マイベスト絵本です(*^_^*)


関連記事

この記事を書いた人って、どんな人?
絵本, 藤城清治, 宮沢賢治, 幻想世界, 自己犠牲の愛, アート, 教科書, 銀河鉄道の夜,

2 Comments

lime  

この絵本は手に取ったことがないのですが、今ここで見ただけで、この物語が伝えたい思いが感じ取れます。
世界全体が幸せでなければ自分の幸せはありえない。
これは私自身、大人になるごとにしみじみと感じて来る思いでした。

中学の時に、銀河鉄道の夜を読んで、その感想文を書こうと思ったんですが、うまくいきませんでした。受け取ったものをどう表現していいか分からなくて。
この絵本のなかには、その時表現できなかった思いが、全部詰まってるのかもしれません。
いつか手に取ってみたいです。

2015/06/26 (Fri) 07:10 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

limeさんへ。

ありがとうございます(*^_^*)
藤城さんが描く『銀河鉄道の夜』、とても素敵なんです。
ギュッと凝縮された文章ですが、ジョバンニの孤独感やカムパネルラとの銀河鉄道の旅、そして自分を犠牲にして他者を救おうとする精神。
宮沢賢治さんの想いがたくさん詰まっているような気がして、時間をかけて丁寧に読んでしまいます。

私も学生の頃に感想文を書こうとしたことがありました。
limeさんと同じで上手くいきませんでしたが・・・。
もっと文章力がついたら、今度は原作を読んだ感想を書けたら良いなと思っています。

2015/06/26 (Fri) 08:58 | EDIT | REPLY |   

Add your comment