Welcome to my blog

『人魚の眠る家』東野 圭吾 / 止まった時間と奇跡の子供

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

 『人魚の眠る家』東野 圭吾 / 止まった時間と奇跡の子供

東野圭吾さん
『人魚の眠る家』

この世には狂ってでも
守らなきゃいけないものがある。





あらすじ&感想


娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の二人。彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前だった。娘がプールで溺れた―。病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。過酷な運命に苦悩する母親。その愛と狂気は成就するのか―。

東野さんの本はやはり読みやすい。
重いテーマでもサクサク読めてしまいます。
とつぜん家族を襲った悲劇。
前半はあまりにも悲しくて目が潤んでしまいました。
でも読み進めるにつれて、だんだんと寒気がしてきます。

本書で描かれているのは、脳死と臓器提供。
そして母の愛と狂気です。
一種のホラーにも思えてしまう。
娘の死という受け入れ難い現実が全ての始まりでした。


残酷な現実


悲劇というのは、突然訪れるものです。
仮面夫婦である播磨和昌と薫子の娘、瑞穂は、プールで溺れて病院に運ばれます。
播磨夫妻は急いで駆けつけるのですが、そこで待ち受けていたいたのは・・・・・

―娘の脳死

その可能性が極めて高いという事実。
それはあまりにも残酷な現実でした。


無論、治療は続けますが、それは回復を願ってのことではなく、延命措置であると申し上げておきます



医師である進藤先生から告げられた言葉に私も言葉を失いました。
このような状態になってしまうと回復の見込みはないのですね。
そしてこのような状態に陥った場合に出てくるのが臓器提供です。
それも娘の状態を知らされた直後に、その話が出てきてびっくりします。





脳死と臓器提供


脳死―。
このテーマを考えるとき、人の死は何をもってそう判断するのか?
そのことが頭をよぎります。
脳なのか、心臓なのか。
脳が死んでも心臓は動いています。
魂がどこに宿っているかという考え方一つでかわってきますね。

・・・そういえば、以前読んだ中山七里さんの『切り裂きジャックの告白』でも扱っていたテーマでした。
その影響で前に少しだけ調べたことがあります。
海外の国では、ほとんどがそれは人の死だとされています。
そして移植が行われている。
でも日本では少し違います。
日本の法律では、臓器提供する意思があった場合に限り「脳死を人の死」としています。
・・・・・それによって生じる問題もあるのですが、それは後ほど。

この物語の播磨夫妻は臓器提供を拒み、娘の延命を望みます。
その決断は誰にも否定できるものではないなと思いました。


見た目にひどい傷とかがなくて、ただ眠っているような感じだと、息を引き取るのを最後まで見届けたいって思うんじゃないでしょうか。それが親心だと思いますけど



臓器提供を決断すれば誰かの命が助かるのかもしれません。
でもまだ温かい我が子が死んでいるなんて思えない・・・・・。
そんな気持ちも理解できるからです。
自分が同じ立場になったら・・・・・。
こればっかりは当事者になってみないとわかりません。


愛と狂気と強さ


この物語を読んでいくと、だんだんと怖くなります。
最初は瑞穂の母、薫子に感情移入していました。

延命を望んだ彼女は、やがて眠ったままの瑞穂を家で介護します。
そして夫である和昌の部下、星野祐也とともにあることを施します。
それが少し行きすぎていて狂気のような怖さを感じました。

星野はBMIの研究をしていました。

BMI(ブレイン・マシン・インター・フェース)とは・・・・・
脳と機械とを信号によって繋ぐプログラムや機器の総称。

東野さんの得意分野である科学の登場です。
コントロールをすれば瑞穂の手足が動くようになる。
これが徐々に薫子を狂わせていく。


この先ずっとあのままなんだろう?もう意識を取り戻すことはないんだろ。だったら、成仏させてやった方が瑞穂ちゃんのためだ。



祖父に反対されても延命措置を続ける夫妻。
そこにあるのは娘への愛情でした。
だから余計に切なくなるんですよね。
でも最後には強さも感じました。


この世には狂ってでも守らなきゃいけないものがある。そして子供のために狂えるのは母親だけなの



守るべきものがあると人は強くなれる。
そう感じた小説でもありました。





臓器移植の壁


先ほど臓器移植における日本の法律について書きました。
本書ではそれによって起こりえる問題も描いています。
それは子供の場合です。

あるひとりの少女が出てきます。
雪乃ちゃんという名前の女の子は心臓移植を望んでいました。
でも国内ではドナーが限りなくゼロに近いため、莫大なお金を払って海外に行くしかないということ。


国内で手術を受けるなら、保険適用などで数十万円の出費で済むはずのところが、二億円以上のお金がかかる。



法律によって生じる壁です。
先程も書いた通り、日本では臓器提供をする意思があって初めて脳死判定がされるのです。
そのためにドナーの申し出がないという現状があります。
でもこの問題は簡単にクリアーできるものではないですね。
命の定義に関わってきます。
この本を読んで得た、にわか知識です。

東野さんの小説は今回も深く重い問を投げかけてきます。


救われた命


重いテーマが続いていましたが結末は良かったです。
播磨夫妻の決断が人の命を救いました。
まるで人魚のような瑞穂は、まさに奇跡の子供だったんです。
救われた気持ちになりました。
眠ったままの女の子は、それでも幸せな時を過ごしたんだろうなと思います。


関連記事

この記事を書いた人って、どんな人?
東野圭吾, , 臓器移植,

1 Comments

ひだまりさん。  

拍手コメMさんへ。

コメントありがとうございます(^^♪
なかなか深い物語でしたね。
子供を守るためなら母は強くなれる。
わが子を思う薫子さんの愛を感じました。
もしも自分だったらどうするか?
・・・そうなってみないとわからないけど、想像しながら読んでしまいます。
私もいつか母になる日がきたら、薫子さんのようにわが子を愛したいなと思いました。

2017/05/12 (Fri) 20:48 | EDIT | REPLY |   

Add your comment