Welcome to my blog

『ボタンちゃん』小川洋子 / 思い出を見つけに・・・

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『ボタンちゃん』小川洋子 / 思い出を見つけに・・・ 

小川洋子さん
『ボタンちゃん』絵本

ボタンちゃんが出会ったもの。
それは・・・





あらすじ&感想


小川洋子初の絵本。子どものころ、はじめて考えた物語。ボタンちゃんとボタンホールちゃんはふたりでひとつ。いつもなかよしです。ところがある日、ボタンちゃんをとめていた糸が切れてしまって…。
―「BOOK」データベースより―

小川さんの言葉がやさしく心に届きます。
岡田千晶さんの淡いタッチの絵も素敵で、なんだか懐かしいような気持ちになりました。

私の家にはボタンがたくさんあるんです。
お洋服についているボタンって可愛くて好きです。
今は種類がたくさんありますね。
キラキラするのとか、貝殻ボタンや、パールボタン、お花の形をしているのだとか・・・。
見ているだけで楽しくなってしまいます。

この絵本の「ボタンちゃん」は、丸い形の普通のものです。
でも顔がついていて、カワイイ。
ボタンホールちゃんといつも一緒です。





ひとりぼっちのガラガラ


アンナちゃんのお気に入りのブラウスの一番上。
そこにとまっているのが、ボタンちゃんでした。
でも、あるとき糸が切れて床をコロコロと転がっていってしまいます。


「わたし、ころがるのにちょうどいい形をしているんだわ」



能天気な彼女に、私もつられて笑ってしまいました。
コロコロ転がっていくうちに、彼女は様々なモノに出会うんです。
ガラガラ、よだれかけ、クマのぬいぐるみ。
それはアンナちゃんがとても小さかった頃に使っていたモノでした。
・・・でもみんな泣いています。


こんなところでぼくはひとりぼっちです。アンナちゃんはもう、ぼくのことなどわすれてしまったのでしょうか。



おもちゃ箱の裏側に、忘れられたかのようにいたガラガラ。
アンナちゃんをいつも笑わせてくれたガラガラです。
切なくなりました。
・・・そういえば、私が小さい頃に遊んでいたおもちゃたちはどうしただろう?
今、実家にいたら間違いなく押入れを覗いてしまいそうです。


あなたのおかげ


この絵本を読んで真っ先に感じたのは、優しいという気持ちでした。
ボタンちゃんが、ひとりぼっちのガラガラや、よだれかけ、クマに言う言葉が素敵なんです。

その中から一つだけ紹介したいと思います。


アンナちゃんはもう、
あなたがいなくても大丈夫になったのよ


泣いているガラガラに言ったことば。


「自分で涙をふけるようになったの。赤ちゃんのアンナちゃんを、いっぱい笑わせてあげた、あなたのおかげね」



いっぱい笑わせてくれた、あなたのおかげ。
そう言われたら誇りを持っちゃいそうですね。





私も忘れているけれど、たくさんの人やモノに助けられながら大きくなったんですよね・・・。
そう思うと、ありがとうと言いたくなりました。
小川さんのことばも、岡田さんの絵も優しさがあふれています。


思い出の箱


絵本を読み終わったあとに「思い出に浸りたい」と思ってしまいました。
妙に過去が懐かしくなります。

思い出の箱、ありますか?
私はけっこうスパスパと捨ててしまう人なので、あまり残っていないんです。
実家に帰れば、小さい頃のおもちゃとかは残っていますが。
・・・ちょっぴり寂しくなってしまいました。
これからは少し残しておこうかな。


関連記事

この記事を書いた人って、どんな人?
絵本, 小川洋子,

0 Comments

Add your comment