Welcome to my blog

『暗幕のゲルニカ』原田マハ/アートにみるパブロ・ピカソの訴えと戦争

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『暗幕のゲルニカ』原田マハ/アートにみるパブロ・ピカソの訴えと戦争 

原田マハさん
『暗幕のゲルニカ』

ゲルニカを消したのは誰だ?





あらすじ&感想


反戦のシンボルにして20世紀を代表する絵画、ピカソの“ゲルニカ”。国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが、2003年のある日、忽然と姿を消した…。大戦前夜のパリと現代のNY、スペインが交錯する、華麗でスリリングな美術小説。
―「BOOK」データベースより―

モダンアートを扱った『暗幕のゲルニカ』。
前作『楽園のカンヴァス』があまりにも面白すぎて、今作を楽しみにしていました。
期待を裏切りません。
原田マハさんの読ませる力は凄いです。
ピカソの絵に心酔しながら、とても幸せな1日を過ごせました。

前作ではアンリ・ルソーの「夢」を、そして今作ではパブロ・ピカソの「ゲルニカ」を扱っています。
その絵に込められた想いは深く強い。
読みながら、何度も表紙になっているそれを眺めてしまいます。
この本はすごい。
たとえ芸術に興味がなくても楽しめると思います。
今回も、原田さんの的確で繊細な言葉の数々にハッとさせられました。


モノクロームの絵


こんな書き出して始まります。


目の前に、モノクロームの巨大な画面が、凍てついた海のように広がっている。泣き叫ぶ女、死んだ子供、いななく馬、振り向く牡牛、力尽きて倒れる兵士。それは、禍々しい力に満ちた、絶望の画面。



パブロ・ピカソが描いた「ゲルニカ」を表した文章です。
思わず息を止めて読んでいました。
原田マハさんの文は、それを読んでいるだけで絵のイメージが浮かんできます。
すごい文章力です。
たちまち物語に引き込まれる自分がいました。

1937年、パリ万博スペイン館に展示するために描かれた大作。
それは縦・約350センチ、横・約780センチの巨大なものでした。
(↓こちらが本の表紙になっている、ピカソの「ゲルニカ」です。)





・・・絵画に疎い私は、この本を読んで初めて目にしました。
白とグレーと黒のモノクロームで描かれていて、なんだか不気味な雰囲気をかもし出しています。
見ていると胸騒ぎがしてくるようです。

ゲルニカという地が空爆され、犠牲となった人々や動物の叫び声が聞こえてきそう・・・。
まさに地獄の絵。
この絵から伝わるのは戦争の悲惨さです。
原田さんはこの物語を通して、ピカソが訴えている強い想いを描いています。


暗幕に隠されたもの


本書は、ニューヨーク近大美術館(MoMA)のキュレーターである八神瑤子の時代と、パブロ・ピカソの時代とが交互に書かれています。
2つの違う時代が同時に進んでいくような錯覚。
どちらともドキドキの展開で読むのをやめられませんでした。

国連本部のロビーに飾られていたタペストリーに暗幕がかけられます。
それはアメリカがイラクに対して武力行使をするとした会見でのことでした。

暗幕を掛けたのは誰か―
その意図することは何か―


これは実際にあったことのようですね。
この他にも、9.11のアメリカ同時多発テロなど史実を織り交ぜて描かれています。

ピカソが「ゲルニカ」の制作に取りかかり、愛人のドラ・マールがその過程を写真に収めたこと。
まるで現実をみているかのような詳細な文章には引き込まれました。
彼の生涯を語る時、その時代背景は切り離せません。
そこにあったのは、戦争です。





アートの力


戦争。
それを原田さんはこんな文章で表しています。


もっとも美しく、もっとも賢い、神の被創造物であるはずの人類が繰り返してきた、もっとも醜い行為。



的をついていて、思わず頷いてしまいました。
そしてもう一度、この本の表紙になっている絵を眺めます。
美しいはずの人類がしてきたことの結果が、この「ゲルニカ」。
何度でも眺めてしまいます。
特に本書を読み終わったあとでは、心に訴えてくるものがあるんです。

主人公である瑤子は「ピカソの戦争」展のために、「ゲルニカ」を出展しようと奮闘します。
多くのひとに反戦を訴えるために。
そこでキーマンとなる人物。
ルース・ロックフェラーパルド・イグナシオです。

交差する2つの時代。
彼らは架空の人物のようです。
様々な国を渡り歩いてきた巨大な絵。
保管場所をめぐって、強奪戦が繰り広げられます。
果たして、展示されるのでしょうか?

最後まで読んで、アートには力があるということを認識しました。
この本の初めには、ピカソのある言葉が書いてあるんです。
それは・・・、


芸術は、飾りではない。敵に立ち向かうための武器なのだ。
―パブロ・ピカソ



本書を読む前と読んだ後では、この言葉の重さが違ってきます。

芸術は武器―。

この絵を通して訴えているもの。
それは反戦です。
芸術によって人の心は変わるかもしれませんね。





作者の情熱


前作でも思ったことですが、原田さんの情熱が存分に感じられる作品になっています。
主人公である瑤子を通して作者のアートを愛する気持ちが伝わってきました。
本作を読まなかったら、この絵を見ても不気味・・・の一言で終わってしまっていたかもしれません。
それじゃ有名な絵を前にして、なんだか勿体ないような気がします。
本書を読んで「ゲルニカ」を見てみたくなると同時に、深く心酔してしまいました。
なぜ1枚の絵がそれほど人の心をつかんで離さないのか、その理由がなんとなくわかったような気がします。



前作のレビューです。
『楽園のカンヴァス』



アンリ・ルソーの「夢」、そしてそれに似て非なる「夢を見た」。ティムと織絵は、それが真作であるか贋作であるかの判定を依頼されるのだが・・・。

関連記事

この記事を書いた人って、どんな人?
アート, 戦争, ピカソ, ゲルニカ,

4 Comments

第二級活字虫  

おつかれさまです。

この本、実は私も密かにこそっと気になっていました。
面白そうですね。
百田尚樹のカエルのも、なんかそそられます。
両方とも、近いうちに読んでみたいです。

また来ます。でわでわ~

2016/04/10 (Sun) 18:13 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

第二級活字虫さんへ。

コメントありがとうございます☆
前作の『楽園のカンヴァス』がとても面白かったので、発売と同時に買ってしまいました。
その時に目についた『カエルの楽園』も一緒に・・・(*^_^*)

原田マハさんの本は期待以上に面白く、絵画を見ているような心地になりました。
百田さんの本は初めて読んだのですが、とても読みやすいですね。
かなりの衝撃作だと思います!

第二級活字虫さんのレビュー、とても気になります!
ぜひとも、読んでほしいです!!

2016/04/10 (Sun) 20:00 | EDIT | REPLY |   

第二級活字虫  

お疲れ様です

遅くなりましたが、今、読んでいます。
まだ20ページです(笑)
たったそれだけでも色々なことを考えさせられました。
良い本を記事にあげていただき、流石と思っております。
ありがとうございます。

私も一応は美術を専門に勉強していたのですが
絵画はオートクチュールですからねえ
戦争も現実は知らないし
これから面白くなりそうなこの物語にうまく感応できればいいのですが

ではまた

2016/04/30 (Sat) 22:56 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

第二級活字虫さんへ。

お疲れ様です。
コメントありがとうございます(*^_^*)

第二級活字虫さんは美術に詳しいんですね。
素敵です!
また違った視点で楽しめそうですね。
原田さんの絵画描写を読むと、それを知らなくても(←私のことです。)絵に関心が持てました。
その文章力、凄いなと思います。
実物を見てみたくなります。

私も戦争の当事者ではないので想像することしかできませんが、戦争がもたらしたものって、この絵に描かれているようなことなんですよね・・・。
ゾッとしてしまいました。

2016/05/01 (Sun) 01:26 | EDIT | REPLY |   

Add your comment