Welcome to my blog

『羊と鋼の森』宮下 奈都 / ピアノ調律師が奏でる安らぎの森

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

 『羊と鋼の森』宮下 奈都 / ピアノ調律師が奏でる安らぎの森

宮下奈都さん
『羊と鋼の森』

ゆるされている。世界と調和している。
それがどんなに素晴らしいことか。





あらすじ&感想


ゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。
―「BOOK」データベースより―

2016年本屋大賞を受賞した『羊と鋼の森』。
表紙に羊さんがいて、なんか親近感を感じました。
私の干支は羊なんです(*^^*)
・・・と、どうでも良いことはおいときまして本のレビューです。

主人公がピアノの調律師として、人として成長を描いたお話でした。
物語は淡々と進んでいくんです。
少し盛り上がりに欠ける部分はありますが、読み始めからその世界に引き込まれました。


宮下さんの奏でる文章は美しい。
言葉で言い表すのが難しいのですが、独特の雰囲気を感じます。

面白いか、面白くないか。
そう聞かれたら少し困ってしまいます。
正直に言うと、面白いとは言い難い・・・。
ただこの本はその基準で決めるのは、なんか違うような気がします。
好きか、嫌いか。
こっちの方がピンときます。
そして私の答えは、好きです。


ピアノが奏でる静謐な森


この本が持つ雰囲気を一言で表すなら、私はこの言葉を挙げます。
静謐です。
しんと静まり返った空間。
厳かで濃密な時間を過ごす感覚に近い感じがしました。
そして宮下さんの文章は美しく、安らぎを感じます。

冒頭はこんな文章で始まるんです。


森の匂いがした。秋の、夜に近い時間の森。風が木々を揺らし、ざわざわと葉の鳴る音がする。夜になりかける時間の、森の匂い。



イメージが浮かんできます。
その独特の匂いも伝わってきそうですね。
この文章はある物を表しているんですが、なんだか想像がつくでしょうか?

・・・実はピアノの音なんです。
調律師の板鳥さんがピアノの調律をしている時に、主人公が思い描いたイメージです。
ため息がでるくらい美しい言葉です。
私は調律に立ち会ったことはありません。
だからよくわからないのですが、ピアノからこんなイメージを描けることに驚きました。





ところで、タイトルの『羊と鋼の森』はピアノを表しています。
ピアノの弦を叩くハンマーに羊毛フェルトが使われているようです。
(羊毛フェルトって、チクチクすると固まるやつです。)
「鋼」というのはピアノの弦のこと。
羊と鋼が奏でるピアノ、と言ったところでしょうか。
森のイメージもそこからきているんですね。
本書には「森の匂いがした」という記述がよく出てきます。
ピアノの調律とあわせて。
そこには、主人公である外村の故郷に対する懐かしさが感じられました。


世界と調和されている


作者の宮下さんは北海道に住んでいたようです。
私も北海道ですが、残念ながら近くに森はありません。
本書に度々登場する自然の記述は、彼女の経験や感覚により書かれているんだなと思いました。
それが主人公の外村が感じるイメージに投影されています。

外村の故郷はのどかで、でも厳しい山の中でした。
家の隣にあるのは森です。
だからピアノの調律の時のそのイメージには、どこか くすぐったいような懐かしさを感じるんですね。
彼にとっては、心休まる安らかな場所でした。
故郷の家には自分の居場所がなかった彼に、居場所を与えてくれたのが森です。


ゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。言葉では伝えきれないから、音で表せるようになりたい。ピアノであの森を再現したい。



この文章がとても好きです。
主人公がピアノの中に見出した感覚。
森の中を歩くと、なんだか許されていると感じる。
その感覚は私にも少しわかるような気がします。


慌ただしい日常から逃げたくなった時に求めるのは安息の地。

それは彼のように森だったり、人によっては温泉だったりするかもしれません。
私にとっては本を読むということも、その感覚に似ています。
そんな安らぎをピアノの音で感じられたら素敵ですね。





繊細な音色と愛情


私は小さい頃、ほんの少しだけピアノを習っていました。
一瞬のことなので全然弾けないうちにやめてしまいましたが・・・。
普段クラシックはあまり聞かないのですが、それでもドビュッシーの「月の光」は好きです。
ピアノの音色も嫌いではありません。

ピアノと聞いて調律師のことを思い浮かべる方はどれくらいいるでしょうか?
私にとってはあまり馴染みのない職業の1つです。
この小説では調律師の仕事がメインに描かれています。
その繊細な作業には驚きました。
ピアニストと彼らが一体になって初めて、あの素敵な音色を奏でられるんだなと感嘆します。

本書に出てくる調律師たちは、主人公を含め様々な考え方をもっていました。
みんな良い人ばかりなんですよね。
それぞれが目指す形はちがうけれど、ある共通の思いがありました。
それはピアノを愛する気持ちです。
たぶん作者である宮下さんのピアノへの愛が、そのまま描かれているんだろうな。
そこに彼女の情熱を感じました。


全てのことに無駄はない


本書を読んでいると「あきらめない」という気持ちが、いかに大切であるかを実感します。


森に近道はない。自分の技術を磨きながら一歩ずつ進んでいくしかない。



目指すものに近道はなくて、今やっていることも無駄ではないということ。
そして、コツコツと自分の信じた道を歩んでゆく主人公を見ていると勇気をもらえるような気がします。
挫折はつきものですが、そこには新たな発見があって、自分がひと回り成長していく。
そんな外村の姿に自分を照らし合わせて読んでいました。





地味に進んでいく物語ですが、そこに描かれていることは素晴らしいものがあります。
そして繊細で、力強い言葉の数々にハッとしました。
立ち止まって、数回その文章を読み直してしまったほど。
ゆっくり時間をかけて読む方が、より味わい深くなる一冊です。



この記事を書いた人って、どんな人?
音楽, ピアノ, 本屋大賞,

0 Comments

Add your comment