Welcome to my blog

『巨人たちの星』J・P・ホーガン/テューリアンとジェヴレン人の宇宙戦争

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『巨人たちの星』J・P・ホーガン/テューリアンとジェヴレン人の宇宙戦争 

ジェイムズ・P・ホーガン
『巨人たちの星』

この地球という惑星そのものが、
どこかから監視されているに
違いないのです





あらすじ&感想


冥王星の彼方から届く〈巨人たちの星〉のガニメアンからの通信は、地球人の言葉で、データ伝送コードで送られてきている。ということは、この地球がどこからか監視されているに違いない……それも、もうかなり以前から!! 前2作で提示された謎のすべてが見事に解き明かされる。《巨人たちの星》シリーズ第3部。訳者あとがき=池央耿 
―「読書メーター」より―

巨人たちの星シリーズ3冊目『巨人たちの星』を読み終わりました。
『星を継ぐもの』『ガニメデの優しい巨人』と続き、本作です。

前作のレビュー
*『星を継ぐもの』*(1作目)
*『ガニメデの優しい巨人』*(2作目)

・・・壮大でした。
前2作からの謎が一気に解決され、満足感を味わえます。
やはり私は1作目が1番好きですが、『巨人たちの星』も面白かったです。
前作を読み終わってから少し期間があいてしまったので混乱しましたが、新たな事実もわかり目をまん丸にして読んでいました。
面白いですね。
・・・と言うか、すごい。

このシリーズ、映画化してくれないかな。
間違いなくイチオシのシリーズです。


ジェイムズ・P・ホーガン
『巨人たちの星』のレビュー


『巨人たちの星』シリーズの魅力


一区切りとなる3冊までを読み終わったわけですが、このシリーズの魅力はなんと言っても、次々と明かされる進化の謎にあるのではないかと思います。

1作目『星を継ぐもの』では・・・
・月で発見されたルナリアンのチャーリーとコリエルについて
・木星の衛生ガニメデで発見されたガニメアンとルナリアンの関係
・かつて存在していた惑星ミネルヴァが滅び、地球に月が誕生したわけ
・・・それらが1本の線で繋がり、驚愕の事実が明かされます。

2作目『ガニメデの優しい巨人』では・・・
・ガニメアン人の進化の謎
・ミネルヴァ固有の動物が絶滅したのはなぜか
・・・などが、ガニメアン人との遭遇で明らかになります。
そして地球人類との密接な繋がりも明かされ、人類の進化の過程にも関わってきました!

そして本作では・・・
・かつてミネルヴァに突然現れた「ランビアン」の正体
・冥王星と月の誕生秘話
・古くから地球を監視していた謎の人物の正体
・地球人類の文明が遅れたわけ
・・・などが明かされました!

どれも驚愕で口をあんぐり開けてしまいます。
・・・かと言って不自然ではなく、かなりの説得力があるんです。
大いなる謎をハント博士やダンチェッカーと一緒に解明した気分になります。

いやー、面白い!!





地球ははるか昔から監視されていた!?


前作でジャイアンツ・スターを目指して旅立ったシャピアロン号。
無事にたどり着けるのか、その行方も気になるところで終わっていました。
そして地球にジャイスターからメッセージが・・・。
一旦途切れていた信号がまた入り始めます。
・・・でもそれが、どうやらおかしい。
シャピアロン号にはまだ接触していないはずなのに、地球のデータ送信コードを知り尽くしていました。


この地球という惑星そのものが、どこかから監視されているに違いないのです……それも、もうかなり以前から



なにやら、おかしな方向になってきました。
地球を監視しているのはガニメアンなのか、それとも・・・!?


人工知能ヴィザー


ハント博士たちは、ガニメアンが進化したテューリアンと会います。
そして、そこで活躍するのが人工知能ヴィザーです。
きましたー!!
前作では、シャピアロン号でゾラックという人工知能がありました。
こういうの大好きです。


ヴィザーは視覚、聴覚、触覚その他あらゆる特定の環境に関するいっさいのデータと、システムに接続している個々人の神経から取り出して合成したデータを総合することができるのです。そうして、各人にその特定の場所に他の者たちと同席して言葉を交わしている印象を抱かせるのです。



これはすごい!!
ヴィザーを介して、それぞれが別の星にいながら同席して話したり訪問したりできる。
まさに瞬間移動するのと同じと言えます。
これもSFの醍醐味ですよね。
AIはこれからどんどん発達していく分野なので、いつかここで描かれていることも現実にはなるかもしれません。
夢とロマンが広がります。

後にゾラックも登場して大活躍します。
それからもう一つのAI、ジェヴェックスなんてのも登場して、ヒャーと声をあげてしまいました。





テューリアンVSジェヴレニーズ


さて、今回は前2作とは一味違い、宇宙戦争が描かれていました。

カラザー率いるテューリアン&地球人
VS
ブローヒリオ率いるジェヴレニーズ


ここでガルースたちのシャピアロン号も大活躍します。
こういう展開も面白く目が離せません。
そして、ジェヴレニーズ(ジェヴレン人)の正体が明らかになります。
それにも目を見張りましたが、最後のミネルヴァ「ランビアン」の謎が解明された時には、開いた口が塞がりませんでした。
・・・そんなカラクリだったのね。

ジェヴレン人と言えば、もう一つ面白い謎が明かされます。
それは地球人類の文明の遅れに関係するもので。
・・・なる程なと納得です。
すごい発想ですが、ちゃんと筋は通っているのが面白い。

・・・と、なるべくネタバレなしで書いていますが、本を読まないとよく分からないレビューになってしまってますね。
気になった方はぜひ読んでみて下さい。
かなり濃いですが、とてもオススメです。


シャピアロン号救出とブラックホール


私が本作で気になったのがブラックホールです。
テューリアンは人工的にブラックホールを作ることができて、それでワープを可能にしていました。


人工的に作り出した高速回転するブラックホールによって、物体をある場所から別の場所へ瞬間移動させることができます



ブラックホールって恐ろしいイメージがありますが、こういうことって可能なんでしょうか。
疎いのでよく分からないのですが、ちょっと凄いなと思いました。
シャピアロン号は、それによって無事に救出されます。
・・・良かった。

本作で、だいたいの謎は解明されました。
でもガニメアンの宇宙船は、なぜガニメデの氷の下に埋まっていたのでしょう?
地味に1作目から気にはなっているのですが・・・。

次は『内なる宇宙』。
今はまだイイやって感じですが、そのうちに読もうと思います。

【巨人たちの星シリーズ3部作】
1、『星を継ぐもの』
2、『ガニメデの優しい巨人』
3、『巨人たちの星』(←本作)
続編
・『内なる宇宙 』上・下


関連記事

この記事を書いた人って、どんな人?
SF, 宇宙, ガニメアン, ミネルヴァ, 人工知能,

2 Comments

二級活字虫  

お疲れ様でございます☆

面白いんですが、重かったでしょ?
ハイカロリーに胸焼けしませんでしたか(笑)

一昔前のものですから、さばけたとところがなく、
逆にそれが新鮮で「おおっ」とのめり込んでしまうのですが、
後味はバタークリームを一気食いしたみたいな感じでね。
お腹いっぱい・・・

次の「内なる宇宙」は上下巻で、どうなることやら\(^o^)/

つつしんでひだまりさんにお先をお譲りしたいと思いまちゅる(・∀・)

でわでわ|彡サッ

2016/08/26 (Fri) 21:44 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

二級活字虫さんへ。

お疲れ様でございます☆
コメントありがとうございます(*^^*)

ええ、かなりのカロリーでございました。
ジェヴレニーズだとか、ジェヴレン人だとか、ランビアン、セリアン・・・などカタカナが多くて混乱しました。
次読む時のために、忘れないように少しメモをとったくらいです。
面白かったですけどね。

今は私もお腹いっぱいなので、また期間を開けて読もうかなと思います。
次はジェヴェックスの暴走ですか?
また濃ゆそうですよねー。

2016/08/26 (Fri) 22:45 | EDIT | REPLY |   

Add your comment