Welcome to my blog

『翼がなくても』中山七里/御子柴礼司VS犬養隼人/アスリートの情熱

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

 『翼がなくても』中山七里/御子柴礼司VS犬養隼人/アスリートの情熱

中山七里さん
『翼がなくても』

左足を奪われた女性アスリートは
ふたたび羽ばたけるのか!?





あらすじ&感想


「何故、選りにも選って自分が。何故、選りにも選って足を」陸上200m走でオリンピックを狙うアスリート・市ノ瀬沙良を悲劇が襲った。交通事故に巻きこまれ、左足を切断したのだ。加害者である相楽泰輔は幼馴染みであり、沙良は憎悪とやりきれなさでもがき苦しむ。ところが、泰輔は何者かに殺害され、5000万円もの保険金が支払われた。動機を持つ沙良には犯行が不可能であり、捜査にあたる警視庁の犬養刑事は頭を抱える。事件の陰には悪名高い御子柴弁護士の姿がちらつくが―。左足を奪われた女性アスリートはふたたび羽ばたけるのか!?どんでん返しの先に涙のラストが待つ切なさあふれる傑作長編ミステリー。
―「BOOK」データベースより―

きましたー!!
御子柴弁護士と犬養刑事の共演!!!
・・・本当は買う予定はなかったんですが、帯を見た途端レジに直行していました(^^;
そこには2人の名前が・・・。
これは読まないわけにはいきません。


中山七里さん
『翼がなくても』のレビュー


気になる!!初の共演


『翼がなくても』の読みどころはなんと言っても、御子柴礼司と犬養隼人の共演じゃないでしょうか。
(←私だけか・・・。)

御子柴礼司シリーズ、大好きなんですよ。
『贖罪の奏鳴曲』に始まり、『追憶の夜想曲』、『恩讐の鎮魂曲』と3作でています。
悪辣弁護士である彼は、少年時代に凶悪犯罪を犯しながらも弁護士になった異例の人物です。
このシリーズは全て「贖罪」をテーマに描かれています。

そして犬養隼人シリーズ。
(・・・これは、一冊しか読んでいないのですが)
臓器移植を扱った『切り裂きジャックの告白』は面白かったです。
前にドラマ化されていて、沢村一樹さんが演じておられました。

本作『翼がなくても』では、この2人が共演しています。
御子柴さんが出てきたときには、ニヤリとしてしまいました。





心に染みる父さんのひとこと


本作は、アスリートのお話でした。
スポーツ選手が交通事故で左足を切断・・・。
絶望的な状況ですね。
しかも加害者は、被害者である沙良の隣の家に住む幼馴染みなのだから、たまったものじゃありません。
なかなか立ち直れない沙良に父親が言った言葉にジーンとしました。


お前は怒るかも知れんが、事故で失ったのが左足だけで本当によかったと思っている。もしお前が事故で死ぬようなことがあったら、それこそ父さんも母さんも正気じゃいられなかったろう



そうですよね。
生きていて良かった。


「よく、生きていてくれた」



このひと言に、涙がジワっとなりました。


嫌われものだけど・・・


沙良の左足を奪った幼馴染み、泰輔が何者かに殺害されてしまいます。
そして5000万円もの保険金が支払われました。
動機が充分にありすぎる沙良が怪しいとにらむ犬養刑事ですが・・・。
彼女は果たして、幼馴染みを殺してしまったのでしょうか?

そこに御子柴弁護士の影がチラチラと。
彼が出てきたということは、この事件には必ず裏がある・・・。
刑事さんたちに嫌われている悪辣弁護士、御子柴。
評判は最悪です。


実刑間違いなしの案件をことごとく執行猶予つきの判決にさせ、警視庁および首都圏刑事部の担当刑事たちを切歯扼腕させてきた弁護士



この部分を読んで苦笑いしちゃいました。
刑事さんにしてみれば、ことごとく判決をひっくり返されるので、酷評はしょうがないのかな。
でも御子柴シリーズを全て読んでいる私は、彼が「贖罪」に対しての情があることを知っています。
本作でも、ある切ない「贖罪」が描かれていました。
それは書きませんが、ポイントは誰が誰へのものなのか、です。





アスリートが背負う期待と夢


本書を読んで、アスリートって、たくさんの思いを背負っているんだなと思いました。
1人で戦っているように見えますが、決してそうではないんです。
カロリー配分をしながらご飯を作ってくれている母。
義足をオーダーメイドしてくれたデビット・カーターや、研究者の鬼怒川など、バックにはたくさんの人たちの助力があるんです。
彼女は、それらの人たちの期待と夢を背負って走る。
単純に、すごいなと思いました。
走るのが苦手なひだまりさん。
アスリートなんて、あまり興味がなかったのですが、熱い思いがこみ上げてきました。

それからスポーツについて。
記録を伸ばして勝つためには、本人の努力はもちろんですが、分析していくと様々な要因が重なり合っていることがわかります。


スポーツは科学だ。走法、呼吸の仕方、体重移動、力の配分、乳酸の蓄積、そして持久力。それら全ての要因が重なり合ってタイムを作っていく。



なるほど。
趣味で走る分には良いけど、アスリートというプロを目指す人たちは、こういう分析も必要になってくるんだなと感嘆しました。


たとえ翼がなくても


ラストに沙良の競技を見つめながら話す、御子柴と犬養のシーンが好きです。


「たとえ翼がなくても、きっと彼女は無理にでも飛び立とうとしただろう。時々そういう諦めの悪い人間を見かける」



翼がなくても、彼女は飛び立とうとした。
どこか冷めたような御子柴のことばですが、彼の観察眼は優れています。
沙良の陸上に賭ける熱い思いを感じました。
たとえ足があってもなくても、走ることへの情熱は変わらない。
そんな彼女が愛おしくなる結末でした。


関連記事

この記事を書いた人って、どんな人?
御子柴礼司, 弁護士, 贖罪, 犬養隼人,

0 Comments

Add your comment