Welcome to my blog

『スリープ 』乾 くるみ / 行き過ぎた科学がもたらした悲劇

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『スリープ 』乾 くるみ / 行き過ぎた科学がもたらした悲劇 

乾 くるみさん
『スリープ』

目覚めると、そこは30年後の世界だった―
行き過ぎた科学が生んだ悲劇



あらすじ&感想


テレビ番組「科学のちから」に出演していた、当時中学生の羽鳥亜里沙は、未来科学研究所を取材するために、つくば市へ向かうことになった。そこは、冷凍睡眠装置の研究をしている研究所だった。撮影の合間に、亜里沙は立ち入り禁止の地下五階に迷い込んでしまう。そこで見てはいけないものを目にしてしまい・・・。


SFですねぇ。
この小説で描かれている30年後の世界。
想像するだけでもワクワクしてしまいます。

そこで描かれていた「瞬乾装置」がとても魅力でした。
どんなに濡れていても一瞬で乾いてしまう。
リアルに欲しいです。





亜里沙は未来科学研究所でスキャナーに入れられ・・・。
そして30年の時を経て目覚める。

この物語は、
行きすぎた科学によって生まれた一人の少女の悲劇をSFとミステリーを混ぜながら描かれています。

なかなか面白い。
途中まではすっかり騙されましたが・・・。


『スリープ』で重要なキーワードになっている 冷凍睡眠装置。
いわゆるクライオニクスですが、人を冷凍保存して未来に蘇らせる技術です。
例えば今の医療では治せない病気にかかり、未来で医療が進歩した時に生き返らせて病気を治療することが将来可能になるかもしれません。
外国では研究も進んでいるようです。
夢のような技術ですが、なんだか少し怖い・・・。
科学には果てがないですね。


そして行きすぎた科学として『スリープ』で描かれている クローン。
羊のドリーは有名ですね。
ヒトクローンはもちろん禁止されていますが双子ちゃんみたいな感じかしら??
・・・ふと疑問に思いました。

歳が離れた私がもう一人。
うーん・・・ありえませんね。


『スリープ』は恋愛小説としても読めます。
ちょっと歪んだ愛のカタチでしょうか。

悲劇の少女アリサ。

科学が発展し過ぎるのは良くもあり悪くもある。
使う側の人間次第ということですね。

関連記事

この記事を書いた人って、どんな人?
SF科学, 悲劇, クローン,

0 Comments

Add your comment