Welcome to my blog

『虚夢』薬丸 岳 / 有罪と無罪の境目

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『虚夢』薬丸 岳 / 有罪と無罪の境目 

薬丸岳さん
『虚夢』

責任能力があったとして有罪になる人間と、
心神喪失などで無罪になる人間―
その境目とは、どこにあるのだろうか。


あらすじ&感想


通り魔事件によって、三上 孝一の娘の命は奪われた。だが、犯人は心神喪失状態であったとされ、罪には問われることはなかった。その後、心に大きな傷を負い、三上は妻とも別れてしまう。そして事件から4年、元妻・佐和子から、あの男を街で見たと告げられ・・・。


やりきれない・・・。
そんな思いがあとを引く物語でした。
通り魔事件をおこした犯人が、精神鑑定の結果、無罪になってしまう・・・。
被害者家族が抱えた複雑な心を描いています。
最初から最後まで、いたたまれない感情と共に読んでいました。





薬丸さんは、やはり司法制度をテーマにした作品が上手いですね。
とても心に響く。
この本を読んでいると、法律について考えずにはいられなくなってしまいます。


『虚夢』は
刑法三十九条をテーマにしています。

心神喪失者の行為は、罰しない。
心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。


というもの。

そこで問われるのが責任能力の有無です。
精神鑑定にかけられるのですが・・・。
本書の犯人は統合失調症と診断され、無罪になってしまいます。
犯行時は責任能力が無かったと判断されたのです。
被害者家族にとっては、やりきれないですね。
娘を殺された父親・三上は、


「人間の心の中にある正常と異常の境目を、他人である精神科医がどうやって判断できるのだろうか。
過去である犯行の瞬間の精神状態をどれだけ判断できるというのだ。」



と疑問をなげかけています。
そこに私もやりきれなさを感じました。
もし私が同じ立場になってしまったら・・・ということを考えずにはいられませんでした。

ただ『虚夢』では、統合失調症と診断された犯人も描かれていました。
犯人の立場になって考えてみると、やはり刑法三十九条は必要かなと思えてしまいます。
責任能力が欠如している犯人を罰しても、なぜ罰せられないといけないのかもわかっていなければ意味がない。
難しいですね。
特に人の心が絡んでくる法律は・・・。
犯罪を未然に防ぐには、周りの人がいかに早く気づいてあげられるかにかかっているような気がします。


この物語は、後に三上の元妻・佐和子も陥ってしまう統合失調症という病がキーワードになっています。
幻覚や妄想、 ひどくまとまりのない行動が見られ、 およそ100人に1人がかかると言われている病。

三上が佐和子のことを想い、懸命に救おうとする姿に胸を打たれました。
うるっときちゃいます(இ﹏இ`。)
深くて重いながらも読み易い物語でした。

関連記事

この記事を書いた人って、どんな人?
薬丸岳, , 刑法三十九条,

0 Comments

Add your comment