Welcome to my blog

『誓約』薬丸岳 / 幸せの権利と人間の脆さ

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『誓約』薬丸岳 / 幸せの権利と人間の脆さ 

薬丸 岳さん
『誓約』

過去に罪を犯した人間は、
幸せになってはいけませんか





あらすじ&感想


愛する家族に囲まれて、穏やかに暮らしていた向井の元に一通の手紙が届く。「あの男たちは刑務所から出ています」手紙には、ただそれだけが書かれていた。それは昔、向井が一人の女性と交わした誓約だった・・・。


一気読みでした。
読み始めから最後までストーリーに惹きつけられるのは流石ですね。
テンポよく進む展開から目が離せませんでした。


幸せの権利


「過去に罪を犯した人間は、
幸せになってはいけないのか。」

この本のテーマとなっています。
本の帯にも書かれていて思わず手にとってしまいました。

『誓約』は、過去に犯罪を犯した人間がやっと掴んだ幸せを守るために自分の罪と向き合っていくストーリーでした。
向井に届いた一通の手紙。
そこから徐々に彼の幸せな生活が破綻していくのです。
幸せになる権利は誰にでもあると思っています。
ただ、罪を犯してしまった人にはいつまでも贖罪の気持ちは忘れずに持っていてほしいと思います。

本書の登場人物・向井は過去に罪を犯し、戸籍や名前、顔までも変えて別人として生きていました。
家族にも内緒で・・・。
そして、ある女性と交わした約束のために人を殺さなければいけない事態に直面します。
元はと言えば身から出たサビだけど、読んでいて可哀想になりました。
彼には守るべき人たちがいたからです。





愛する気持ちと人間の脆さ


私には愛する人も守るべき存在もある。死にたくないという気持ちはあの頃と変わらないだろうが、それ以上に、愛する人たちを失うことを最も恐れているのだ。



向井には愛する家族がいました。
守る人がいると人は強くなれる。
第一に愛する妻と愛娘のことを考え、思い悩む主人公に共感してしまいます。
この本を通して人を大切に思う気持ちを感じました。
そして、その人たちを守るために悪事に手を染めなければならない人間の脆さを痛感しました。

本書の犯人は過去に愛する人を失った人物でした。
人は復讐のために、ここまで非情になれるのか。
でも後に残るのは悲しみだけです・・・。
ラストは家族の絆に感動しました。

***

薬丸岳さんの本は、いつも考えさせられます。
重めのテーマが多いですが、重ければ重いほどたくさん考えなくてはいけないんだなと。
これからも読み続けたい作家さんです。
関連記事

この記事を書いた人って、どんな人?
薬丸岳, ,

4 Comments

momo-keita  

おじゃまいたします
コメントありがとうございました

薬丸作品大好きです!!
『誓約』はまだ未読ですが絶対読みますよ~
実は本日読了した作品がありまして
『闇の底』薬丸岳 著 であります
おーーー
もう読んでおられますね
この作品も引き付けられました!!
近々レビューをアップしたいと思います!!

2015/05/04 (Mon) 23:59 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

momo-keitaさんへ。

こちらこそ、ありがとうございます(´˘`๑)
嬉しいですー。

私も薬丸さん大好きです。
momo-keitaさんの『天使のナイフ』のレビューを読んだのが、きっかけなんですよ( ^^ )
特に司法制度を絡めたお話は、色々と考えさせられますね。
『誓約』も、私の好きな一冊になりました。

『闇の底』のレビュー、楽しみにしてますね☆

2015/05/05 (Tue) 00:44 | EDIT | REPLY |   

chikura  

こんにちは

ひだまりさんとは好きな作家が丸かぶりです!!!
私は最近は、恩田陸さんや宮部みゆきさんはそれほどでもないのですが(失礼!)、昔はむさぼり読んでましたよ(笑)

東野さんの新刊ももう読んでるなんて、なんて素早い!
私も発売日に購入し楽しみにとっているので、読了後にそちらの記事に伺いますね。

ところでこの作品、今までの作品と比べてもサスペンスの度合いが高くて楽しめました。
向井が家族を守ろうとする姿は立派だけど、完璧な善人というわけではないのでなんかモヤモヤしてしまいました。

2015/05/27 (Wed) 06:11 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

chikuraさんへ。

こんにちは。
コメントありがとうございますー。
好きな作家さんが一緒で私も嬉しいです♪

東野さんの『ラプラスの魔女』私も発売日に買いました。
私の愛してやまない作家さんです。
面白かったです ( ^^ )

薬丸さんの本は、読んで考えさせられることが多いです。
私が初めて読んだのは『天使のナイフ』でしたが、いっぺんに好きになってしまいました。
『誓約』は私も楽しめました。
程よいミステリー感でしたね。
向井が過去に犯した罪のことがあるから自業自得だと思う反面、家族を守ろうとする姿は素敵でした。

次の薬丸作品を読むのが楽しみです。

2015/05/27 (Wed) 08:17 | EDIT | REPLY |   

Add your comment