『イノセント・デイズ』早見和真/【感想】切なさ100%!悲しすぎる結末に涙が止まらない

僕だけは信じてるから。僕には君が必要なんだ

早見和真さん『イノセント・デイズ』です。
ドラマ化されるということで、再読して記事をリライトしました。佐々木慎一を演じるのは 妻夫木聡さん。田中雪乃を演じるのは 竹内結子さんです。

少しだけネタバレあります。

『イノセント・デイズ』あらすじ

切なさ100%!ラストに衝撃が待っている!!

『イノセント・デイズ』 オススメ度 : 感動 : 意外さ : 読みやすさ :

【あらすじ】
田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪で、彼女は死刑を宣告された。凶行の背景に何があったのか。産科医、義姉、中学時代の親友、元恋人の友人、刑務官ら彼女の人生に関わった人々の追想から浮かび上がる世論の虚妄、そしてあまりにも哀しい真実。幼なじみの弁護士たちが再審を求めて奔走するが、彼女は…筆舌に尽くせぬ孤独を描き抜いた慟哭の長篇ミステリー。日本推理作家協会賞受賞。―「BOOK」データベースより―

やはり切なくて、ラストは涙が止まりませんでした。この結末は最後まで予想できないでしょうね。決して楽しい物語ではないのですが、感情が揺さぶられます。おすすめの1冊。

きっと切なさに涙する

読んだ人たちの大半が切なさに涙するのではないかと思います。それは雪乃の過酷な人生だったり、彼女を思う慎一の温かさだったり、そしてラストの展開だったり・・・。

ドラマはどんな結末になるんだろう。ラストはやはり違う感じになるのかな?

主な登場人物

  • 田中雪乃 (竹内結子) ・・・整形シンデレラ放火殺人事件で死刑が確定。
  • 佐々木慎一 (妻夫木聡) ・・・雪乃の幼なじみ
  • 丹下翔 (新井浩文) ・・・雪乃の幼なじみ
  • 佐渡山瞳 (芳根京子) ・・・刑務官
※ () は役者名です。

田中雪乃、30歳。
元恋人の家に放火して、妻と1歳の双子を殺めた罪で死刑が確定。前半は事件前までの彼女が様々な登場人物の視点で、後半は主に死刑確定後に彼女の再審を求めて奔走する翔と慎一の視点で描れています。

  • 雪乃はなぜ死刑囚になったのか?
  • 翔と慎一は刑を止められるのか?

気になるところは この2点でしょうか。極端なネタバレは避けますが、彼女を見ていて感じたことを書きますので展開が想像できてしまうかもしれません。

『イノセント・デイズ』感想

田中雪乃という1人の女性の人生にスポットを当てたお話です。

「1204番、出房しなさい」

死刑執行を匂わせる物語の始まりに息を飲みました。放火殺人事件で有罪になり、死刑が確定した雪乃。・・・彼女の歩む人生は過酷でした。

初めて読んだのは・・・3年ほど前でしょうか。そのときの感想は、悲しく悔しい!!でした。でも再読すると、また違った感情がわきあがってきました。

純粋で無垢な田中雪乃

実を言うと、読み始めた時は主人公である田中雪乃に魅力を感じませんでした。客観的に見て、です。

本当に彼だけなんです。こんな私を必要としてくれたのは

彼女は 「必要とされる」 ことに強く反応します。当時付き合っていた敬介に必要とされて喜びを感じるとともに、別れを切り出されるとストーカーのように付きまとう。・・・あげくの果てに放火殺人で有罪になってしまいます。

・・・重い。

魅力は感じませんが、放っておけない可愛さも感じるんです。そして敬介に執着してしまう気持ちも理解できてしまう。

「イノセント」 にはいくつか意味があって、その中に純粋、無垢というのがあります。

純粋、無垢って雪乃にぴったりです。報道されている彼女は残忍な殺人犯ですが、読むにつれて全く違う彼女を知ることになります。とても放火殺人なんて犯しそうにない・・・。それで読者は思うはず。

ほんとうに雪乃が犯人なのか?

この小説の表紙は 少女の頃の雪乃が描かれているんです。

それを見ていたら雪乃の人生に思いを馳せてしまいました。母が亡くなったときから狂いはじめた人生。あの分岐点がなければ、違った道を歩んでいたかもしれません。

イノセントには、もう1つ重要な意味があります。そのまま彼女を表しているのですが、ネタバレになりそうなので書きません。気になる方は検索してみてください。

誰かに必要とされなくなることを極端に恐れていましたが、ほんとうに周りには誰もいなかったのでしょうか?

丘の探検隊の絆

雪乃には彼女を気にかけてくれる人たちが確かにいました。

幼なじみの翔と慎一、姉の陽子、敬介の友だちの聡・・・。特に幼なじみの彼らは雪乃を助けようと奔走します。

誰かが悲しい思いをしたら、みんなで助けてやること。これ、丘の探検隊の約束な

子どもころに交わした約束は心が温まりました。その言葉どおり、彼らは雪乃のために行動を起こすんです。
そんな中で、涙が止まらなくなったところがあります。後半の、慎一が刑務所にいる雪乃に宛てた手紙を読んだときです。

僕だけは信じてるから。僕には君が必要なんだ

慎一の真摯な思いと優しさがにじみでていて涙が止まらず、いったん本を置きました。

雪乃を必要とする人、いるじゃん。

人は生きているだけで、たくさんの人に影響を与えているんですね。

必要とされることの幸せ

人は必ず誰かを必要とし、されている!

たとえ雪乃のように裏切られ続けたとしても。彼らを見ていて そう思いました。2人は彼女を必要としている。それなのに・・・。

誰かに必要とされるのって、とても幸せを感じます。こんなに嬉しいことはありません。

自分のことを認めてくれているのと同じことですね。裏を返せば、自分に自信が持てないということなのですが・・・ ^_^; 必要としてくれる人がいる限り、命を絶ってはいけないと強く思いました。

生と死の執着

ラストがすごかった。

刑務官の視点で描かれていました。雪乃が死ぬために生きようとする姿です。

私は見届けなければいけないのだ。彼女が死ぬために生きようとする姿を

死ぬために生きようとする・・・。矛盾していますが、彼女の生と死の執着に思わず呼吸をするのも忘れ、あ然としながら読んでいました。・・・不謹慎ですが、雪乃が美しく思えた瞬間でした。でも、やっぱり悲しい。やるせなくなります。

慎一の思いは伝わっているはずなのに・・・なぜ?

ここの部分、初めて読んだ時は ラストの衝撃が強すぎたからか、切なさや悔しさが勝ってあまり印象に残らなかったんです。・・・実は雪乃の執着というか、感情が1番 描かれているところなんじゃないかと思いました。

少女はなぜ、死刑囚になったのか

少女はなぜ、死刑囚になったのか。

その理由があまりにも悲しすぎました。そして雪乃が再審を求めなかった理由に、切ない気持ちでいっぱいになりました。肯定したくはないけど、この結末に納得できている自分もいます。・・・複雑な気分です。

救いがない・・・。でも雪乃の願いは叶ったわけだから、それが唯一の救いか?

衝撃作ですね、何度読んでも。この結末を良しとするか、否かは分かれそうです。最後にふたたび慎一のことばが頭をよぎりました。

僕だけは信じてるから。僕には君が必要なんだ

雪乃が握りしめていた桜の花びら。慎一の思いは彼女の中にしっかり刻まれていたんだなと思います。

人が人を想う気持ちは尊いものですね。

コメント 3

There are no comments yet.
Tommy  

ひだまりさん。こんばんは!
ブログを読ませて頂いて「これは面白そう!」と思い、早速バイト終わりに買ってきちゃいました!笑

まだ途中ですが、冒頭から幸乃たちの世界に引き込まれています。
最後の結末がとても楽しみです。

ご紹介ありがとうございます!

2018/02/17 (Sat) 20:02 | EDIT | REPLY |   
ひだまりさん。  
Tommyさんへ。

Tommyさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます (^O^)

『イノセント・デイズ』心が揺さぶられますよ! 明るいお話ではないのですが、これは凄い本だと思います。2度読んでも泣いてしまいました。
もし良ければ Tommyさんの感想も聞かせてくださいね!

3月にWOWOWでドラマ化が予定されていて、そちらも楽しみなんです。・・・結末は、本の通りになるかわかりませんが。

2018/02/17 (Sat) 20:57 | EDIT | REPLY |   
ひだまりさん。  
鍵コメKさんへ。

初めまして。
コメントをありがとうございます (*^^*)

9/15については気が付きませんでした。
今、手元に本がないので確認はできないのですが・・・ ^_^;
鍵コメさんのおっしゃる通りでしたら、ちょっと違和感がありますね。

誰にでもオススメできる類の本ではないかもしれませんが、読んだ後に何かしらの思いが残る小説でした。
感情が揺さぶられる本って、すごいです。

2018/04/22 (Sun) 22:42 | EDIT | REPLY |   

コメントを残す

あ行の作家 (79)
相場 英雄 (1)
青山 美智子 (1)
朝井 リョウ (1)
浅田 次郎 (1)
麻野 涼 (1)
麻見 和史 (2)
芦沢 央 (1)
彩坂 美月 (1)
綾辻 行人 (2)
新井 素子 (3)
有川 浩 (1)
安房 直子(童話) (16)
伊岡 瞬 (1)
池井戸 潤 (3)
伊坂 幸太郎 (2)
石川 智健 (1)
石田 衣良 (1)
伊藤 計劃 (2)
乾 くるみ (2)
岩木 一麻 (1)
上田 早夕里 (5)
冲方 丁 (1)
江國 香織 (9)
岡嶋 二人 (1)
小川 洋子 (1)
奥田 英郎 (1)
乙一 (2)
恩田 陸 (8)
あ行の作家 その他 (7)
か行の作家 (29)
海堂 尊 (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (9)
北川 恵海 (1)
北村 薫 (2)
清武 英利 (2)
倉本 由布 (2)
小林 由香 (2)
近藤 麻里恵(こんまりさん) (1)
今野 敏 (8)
さ行の作家 (15)
佐伯 和人 (1)
佐々木 譲 (6)
時雨沢 恵一 (1)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (1)
下村 敦史 (2)
宿野 かほる (1)
翔田 寛 (1)
住野 よる (1)
た行の作家 (29)
大門 剛明 (1)
高田 大介 (3)
高畑 京一郎 (2)
高野 和明 (1)
谷川俊太郎 (3)
知念 実希人 (1)
辻堂 ゆめ (1)
辻村 深月 (8)
筒井 康隆 (4)
恒川 光太郎 (3)
堂場 瞬一 (2)
な行の作家 (27)
中山 七里 (10)
長崎 尚志 (1)
長沢 樹 (1)
長野 まゆみ (5)
夏川 草介 (5)
成田 名璃子 (1)
貫井 徳郎 (3)
ねじめ 正一 (1)
は行の作家 (54)
畑野 智美 (2)
羽田 圭介 (1)
帚木 蓬生 (4)
浜口 倫太郎 (1)
原田 マハ (11)
早見 和真 (1)
東野 圭吾 (26)
百田 尚樹 (1)
古谷田 奈月 (1)
星 新一 (3)
誉田 哲也 (1)
は行の作家 その他 (2)
ま行の作家 (41)
前川 裕 (1)
又吉 直樹 (ピース又吉) (1)
まど・みちお ( 詩集 ) (2)
真梨 幸子 (2)
三浦 しをん (1)
三島 由紀夫 (1)
道尾 秀介 (11)
湊 かなえ (2)
宮下 奈都 (1)
宮部 みゆき (8)
向田 邦子 (1)
村上 春樹 (2)
村山 早紀 (1)
村山 由佳 (1)
森 絵都 (3)
森 博嗣 (1)
森見 登美彦 (1)
ま行の作家 その他 (1)
や行の作家 (29)
薬丸 岳 (13)
柳 広司 (1)
山崎 豊子 (3)
山田 詠美 (1)
柚木 麻子 (1)
柚月 裕子 (1)
吉野 源三郎 (1)
米澤 穂信 (8)
海外の作家 (5)
SF (4)
ファンタジー (1)
絵本 (57)
佐野 洋子 (2)
刀根 里衣 (13)
藤城 清治 (4)
ロブ・ゴンサルヴェス (4)
クリスマスおすすめ絵本 (8)
大人にもおすすめ絵本 (26)
山本くんガチャ・その他の本 (21)
100万分の1回のねこ (13)
山本くん ガチャ (5)
その他の本 (3)
教科書の名作・古典 (7)
教科書の名作 (4)
平家物語・百人一首 (3)
映画・ドラマ・アニメなど (22)
三谷幸喜 (3)
ドラマ・映画 (12)
アニメ・漫画 (7)
GOPANレシピ・雑記・ゲームなど (37)
gopanレシピ (11)
ルピシアの紅茶 (2)
Twitter・ゲームなど (8)
雑記 (15)
ひだまりさん。面白かった本 (3)
ひだまりさん。とブログについて (10)