Welcome to my blog

『楽園のカンヴァス』原田 マハ / アンリ・ルソー「夢」への情熱

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『楽園のカンヴァス』原田 マハ / アンリ・ルソー「夢」への情熱 

原田マハさん
『楽園のカンヴァス』

画家の情熱が注ぎ込まれた
『夢』と『夢をみた』
アンリ・ルソーに寄せる想い

あらすじ&感想


ニューヨーク近代美術館の学芸員ティム・ブラウンは、スイスの大邸宅でありえない絵を目にしていた。MoMAが所蔵する、アンリ・ルソーの大作『夢』。その名作とほぼ同じ構図、同じタッチの作品が目の前にある。持ち主の大富豪は、真贋を正しく判定した者に作品を譲ると宣言した。判定するのは、ティムと日本人研究者の早川織絵。そして明かされる驚愕の真実とは―。

初めて読んだ作家さんでした。
最初の方はなかなか物語に入り込めず、読むのを止めようかなと思ったのですが・・・。
やめなくて良かったです。

これは凄い。
ティムと織絵がある絵を鑑定することになった場面から一気に面白くなりました。

『夢』と『夢をみた』


『楽園のカンヴァス』には2つの絵が出てきます。
1つはアンリ・ルソーの『夢』。
この本の表紙にもなっています。
有名な絵ですね。



〈 アンリ・ルソー『夢』 〉

アンリ・ルソーはフランスの画家で『夢』は1910年の油彩画です。
ジャングルの中で長椅子に寝そべっている女の人。
その傍らにはたくさんの動物がいて、どこか現実離れしていて不思議な感じがします。

この絵を深く理解してもらうためにルソー自身が作った詩があるようです。

甘き夢の中 ヤドヴィガは
やすらかに眠りに落ちてゆく
聞こえてくるのは 思慮深き蛇使いの笛の音
花や緑が生い茂るまにまに 月の光はさんざめき
あでやかな調べに聴き入っている 赤き蛇たちも


これは『楽園のカンヴァス』に書かれてある日本語訳です。
ヤドヴィガが見ている夢なのでしょうか。
目を瞑ると笛の音が聞こえてきそうですね。

そして登場するもう一つの絵。
『夢』と似て非なる『夢をみた』です。
これは原田さんの創作のようです。
ティムと織絵はこの『夢をみた』が、真作であるか贋作であるかの判定を依頼されるのです。

その推理をしていく過程がとても興味をそそられ面白かったです。
気づくと時間がたつのを忘れ夢中で読んでいるほど。

『楽園のカンヴァス』で描かれている絵画への情熱。
原田さんが描く言葉の一つ一つが素晴らしい。
それは、まるで私も美術館にいてティムや織絵と一緒に絵画を見ているかのようでした。


生きている絵


アンリ・ルソーの『夢』を原田さんが言葉で表現した部分があります。

夜が始まったばかりの空は、まだうす青を残し、静まり返っている。右手にぽっかりと明るい月が登っている。鏡のような満月だ。



名も知らぬ異国の花々が咲き乱れ、いまにも落ちそうなほど熟した果実が甘やかな香りを放つ。



彼女が横たわる赤いビロードの長椅子は、夢と現のはざまにたゆたう方舟。夢から覚めてなお、女は夢をみているのだろうか。それともこれは現実なのか。


ほんの一部の抜粋ですが、細かく表現されていてアンリ・ルソーの絵を実際に見ているかのような気分になります。
その感覚がとても心地良いんです。
原田さんの言葉の表現力は凄い。
絵画にかける想いが伝わってくる作品でした。
そして読んでいる私も絵を鑑賞したくなる・・・。

『楽園のカンヴァス』はモダン・アートの先駆者、パブロ・ピカソとアンリ・ルソーを深く作品に練り込み、現代美術の素晴らしさを伝えています。
美術に疎い私でも楽しめたのは、原田さんの深い情熱が伝わってきたから。
それと文章力にあるんだろうなぁ。

そして『夢をみた』を巡る駆け引き。
最後まで明かされない謎はあったけれど素敵な結末でした。


モダン・アートへの情熱


原田さんがルソーの絵画に感じた想いが伝わる言葉がありました。

この作品には、情熱がある。
画家の情熱のすべてが。

・・・そう感じられる絵画というものは素晴らしいですね。
私もモダン・アートに深く心酔してみたくなりました。



次作のレビューです。
*『暗幕のゲルニカ』*

20160402200726047.jpg

パブロ・ピカソの「ゲルニカ」。国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが、2003年のある日、忽然と姿を消した…。いったい誰が、何のために!?

関連記事

この記事を書いた人って、どんな人?
アート, アンリ・ルソー, ,

0 Comments

Add your comment