『リピート』乾くるみ /【感想】衝撃的な結末と運命を変えた10ヶ月

ぼくたちは、何度でもやりなおせる。……なあ、そうだろ?

乾くるみさん『リピート』を再読しました。『リプレイ』+『そして誰もいなくなった』の要素を取り入れたSF・ミステリーです。

少しだけネタバレあります。

『リピート』あらすじ

もしも、過去に戻って人生をやり直せるとしたら?

『リピート』 オススメ度 : 感動 : 意外さ : 読みやすさ :

【あらすじ】
「リピート」―それは、現在の記憶を保ったまま過去の自分に戻って人生をやり直す時間旅行のこと。様々な思惑を胸にこの「リピート」に臨んだ十人の男女が、なぜか次々と不可解な死を迎えて…。独自の捜査に着手した彼らの前に立ちはだかる殺人鬼の正体とは?あらゆるジャンルの面白さを詰めこんだ超絶エンタテインメントここに登場。―「BOOK」データベースより―

意外な展開に目を見張ります。『イニシェーション・ラブ』より驚きます・・・と帯に書いてありましたが、『イニシエーション・ラブ』の方がビックリ感は強かったような気がします。でも私はこちらの方が好き。もしも過去に戻れたら・・・と想像するのも楽しめました。

『リピート』感想

面白さと意外な展開・・・、読み出したら止まりません。まず 「リピート」 という過去に戻ることができる夢のような設定に、SF好きな ひだまりさん。は ひかれました。

もしも、過去に戻れたら?

もしも10ヶ月前にもどれたら、あなたは何をする?

まず、ここで書かれているみたいに競馬でお金をもうけて ちょっとリッチな生活をするでしょ。それから・・・。

夢がふくらむ。

10ヶ月・・・っていうのが また悩ましいところですよね。いったい何ができるんだろ。仮に3年とか 5年とかだったら 人生の方向転換ができそうですが、10ヶ月前となると 戻っても今とあまり変わらないような気がします。戻れた分、得をするくらいかな。

リピートできちゃうんですよね、この小説は。過去に戻って優越感に浸っていたら、次々と仲間が死んでいく・・・。彼らの悲劇が描かれています。
初めて読んだときも、今回読んだときも、その展開にドキドキしました。

突然かかってきた一本の電話。

今から約一時間後の午後五時四十五分に、地震が起きます。

それは未来を予知する謎の男・風間からの電話でした。よみ終わったあとに思えば、これが彼らの運命の分かれ道・・・、分岐点になったのかもしれません。

主な登場人物 (リピート仲間) は以下のとおりです。

リピート仲間

  • 毛利圭介・・・主人公、大学生。
  • 篠崎鮎美・・・会社員。後に毛利と付き合う。
  • 天童太郎・・・全身黒づくめの男。
  • 高橋・・・トラック運転手。
  • 池田・・・ゴルフのレッスンプロ。
  • 横沢・・・会社員の男。
  • 郷原・・・会社の社長。
  • 大森・・・研究者。
  • 坪井・・・小柄な少年。浪人生。
  • 風間・・・「リピート」 の主催者。

篠崎さん以外は全員 男です。地震を言い当てた風間により 「リピート」 の恩恵を受けることになる・・・、言いかえれば 運命を狂わされる人たちです。

次々と仲間が死んでいく恐怖

この小説の面白さは、リピート後の衝撃的などんでん返しにあります。もちろん 「リピート」 というSF要素も魅力的なんですが、そこにミステリーが加わり ひと味違った物語になっていました。

「私たちの仲間になるはずだった高橋さんが、残念なことに……亡くなられたそうです」

リピート直後に、トラックを運転していた高橋が 亡くなります。突然 意識が入れ替わるわけだから、戻るときに自分がどこで何をしていたのかが重要になってきますね。

「リピート」 というのは、言いかえれば 「タイムリープ」 です。意識だけが過去に戻る現象。10ヶ月前の自分の体に意識が移動するんですね。
そのときに運転中だった高橋は とっさの対応ができず命を落とすハメになる。運悪くというか、いや、これも運命なのか・・・。

その後も次々と仲間が死んでいきます。放火、自殺、殺人・・・。まさに『そして誰もいなくなった』です。

いったい何が起こっているの?

読みながらドキドキ感と恐怖を味わえました。乾くるみならではのミステリーですね。

「時間」 を扱った小説はたくさんありますが、最近よみました『タイムリープ』(高畑京一郎 著)も面白かったです。

『タイム・リープ あしたはきのう』高畑京一郎 /【感想】ラノベに留まらない本格SF小説 - 高畑 京一郎

高畑京一郎さん 『タイム・リープ あしたはきのう』 私の『明日』は、いつになるのかしら? ひだまりさん。が 高畑さんの本を読むのは2冊目になります。 前に読んだ『クリス・クロス 混沌の魔王』が面白かったのでこちら...

他には筒井さん『時をかける少女』、北村さん『スキップ』なども。

本書はこれらと違い、ミステリー感が存分に味わえるものになっています。ここのところも展開が気になり止まらなくなります。

カオス理論と 「リピート」 のリスク

人生をもう一度やり直すことは魅力的ですが、ひとたび違った行動をしてしまうと未来が変わっていく・・・というリスクも描かれていました。

どう見ても同じに見える状態からスタートして、でも完璧じゃないから、ちょっとした誤差がある。その誤差がどんどん増幅してって、あっという間にぜんぜん違った結果を生み出す

「リピート」 の特権は、

  • 人生をやり直すこと
  • 未来を知っていること

・・・でも その未来が自分の知っているものと変わってしまう。

例えば 事故にあう人を助けた場合。自分の身近な人であればあるほど、その後の未来は変わります。未来で起こるちょっとした出来事でも その通りに行動しなかったりすると、もう自分の経験した未来とは全く別のものになるわけです。そして予測が不可能になる。・・・そういうのを 「カオス理論」 と言うのですね。

パラレルワールドみたい。全く同じ行動なんて出来るわけがない。

そもそも未来と同じ行動をするのなら 「リピート」 した意味がないのでは? と思いますが、変えてしまうとそこにはリスクが生じてきます。経験した未来よりも楽しく過ごせれば良いけど、ひょっとしたら悪くなるかもしれません。ここで描かれているように 死んでしまっては元も子もないですからね。

悲劇と変わらぬ運命

リピートしたがために 人生が狂った・・・。最初はそんな恐怖がありましたが、でも本当にそうなのでしょうか? 後半、雲行きがあやしくなってきました。

この歴史全体が、私たちが思ってたより以上に、頑固にできてるんじゃないかって

頑固な歴史・・・。最後までよむと、運命には逆らえないものなのかなと思いました。先ほど 「カオス理論」 、予測が不可能ということに触れましたが、それでも大まかな歴史は変わらない・・・というのが本書のキモです。

・・・こう書くと少しネタバレになりそうですが、運命は運命のままというか。歴史は思った以上に頑丈にできているようです。もしも彼らが 「リピート」 しなかったとしても、結果は同じだったのかもしれません。

まだある『リピート』の魅力

天童太郎がカッコ良い!!

SF、ミステリー、どんでん返し・・・と楽しめる小説ですが、登場人物も良いんです。いつも黒づくめの天童太郎。とにかく彼がカッコ良いんですよね。まるで探偵のように鋭い推理をくり広げるキーマンとなっています。ひだまりさん。が 好きな登場人物です。

・・・が、しかし!!
『リピート』は ドラマ化されるようなんです。そのキャストを見て少なからずショックを受けました。

天童さんが、まさかの ゴリ!?

・・・全くイメージがわきません。まだ映像を見ていないので何とも言えませんが 違いすぎる。それに 他の登場人物が男女逆転していたりと、原作とはだいぶ違うようです。 (主人公が篠崎さんになってるし・・・。)

キャストを見ても やはり映像は別モノなのかなとの予感はしますが、それはそれで楽しみです。

衝撃的な結末

後半どんでん返しあり、しかもバッドエンドです。

R9からR10の世界へリピートした彼らは、果たして無事にR11の世界に行って 人生をもう一度やり直せるのか?

このラスト、あと味悪いけど 私は好きかも。・・・人生、ズルして生きてはダメ!! と言うことですかね。スリリングな結末でした。

関連記事

コメント 0

There are no comments yet.

コメントを残す

あ行の作家 (79)
相場 英雄 (1)
青山 美智子 (1)
朝井 リョウ (1)
浅田 次郎 (1)
麻野 涼 (1)
麻見 和史 (2)
芦沢 央 (1)
彩坂 美月 (1)
綾辻 行人 (2)
新井 素子 (3)
有川 浩 (1)
安房 直子(童話) (16)
伊岡 瞬 (1)
池井戸 潤 (3)
伊坂 幸太郎 (2)
石川 智健 (1)
石田 衣良 (1)
伊藤 計劃 (2)
乾 くるみ (2)
岩木 一麻 (1)
上田 早夕里 (5)
冲方 丁 (1)
江國 香織 (9)
岡嶋 二人 (1)
小川 洋子 (1)
奥田 英郎 (1)
乙一 (2)
恩田 陸 (8)
あ行の作家 その他 (7)
か行の作家 (29)
海堂 尊 (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (9)
北川 恵海 (1)
北村 薫 (2)
清武 英利 (2)
倉本 由布 (2)
小林 由香 (2)
近藤 麻里恵(こんまりさん) (1)
今野 敏 (8)
さ行の作家 (15)
佐伯 和人 (1)
佐々木 譲 (6)
時雨沢 恵一 (1)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (1)
下村 敦史 (2)
宿野 かほる (1)
翔田 寛 (1)
住野 よる (1)
た行の作家 (29)
大門 剛明 (1)
高田 大介 (3)
高畑 京一郎 (2)
高野 和明 (1)
谷川俊太郎 (3)
知念 実希人 (1)
辻堂 ゆめ (1)
辻村 深月 (8)
筒井 康隆 (4)
恒川 光太郎 (3)
堂場 瞬一 (2)
な行の作家 (27)
中山 七里 (10)
長崎 尚志 (1)
長沢 樹 (1)
長野 まゆみ (5)
夏川 草介 (5)
成田 名璃子 (1)
貫井 徳郎 (3)
ねじめ 正一 (1)
は行の作家 (54)
畑野 智美 (2)
羽田 圭介 (1)
帚木 蓬生 (4)
浜口 倫太郎 (1)
原田 マハ (11)
早見 和真 (1)
東野 圭吾 (26)
百田 尚樹 (1)
古谷田 奈月 (1)
星 新一 (3)
誉田 哲也 (1)
は行の作家 その他 (2)
ま行の作家 (41)
前川 裕 (1)
又吉 直樹 (ピース又吉) (1)
まど・みちお ( 詩集 ) (2)
真梨 幸子 (2)
三浦 しをん (1)
三島 由紀夫 (1)
道尾 秀介 (11)
湊 かなえ (2)
宮下 奈都 (1)
宮部 みゆき (8)
向田 邦子 (1)
村上 春樹 (2)
村山 早紀 (1)
村山 由佳 (1)
森 絵都 (3)
森 博嗣 (1)
森見 登美彦 (1)
ま行の作家 その他 (1)
や行の作家 (29)
薬丸 岳 (13)
柳 広司 (1)
山崎 豊子 (3)
山田 詠美 (1)
柚木 麻子 (1)
柚月 裕子 (1)
吉野 源三郎 (1)
米澤 穂信 (8)
海外の作家 (5)
SF (4)
ファンタジー (1)
絵本 (57)
佐野 洋子 (2)
刀根 里衣 (13)
藤城 清治 (4)
ロブ・ゴンサルヴェス (4)
クリスマスおすすめ絵本 (8)
大人にもおすすめ絵本 (26)
山本くんガチャ・その他の本 (21)
100万分の1回のねこ (13)
山本くん ガチャ (5)
その他の本 (3)
教科書の名作・古典 (7)
教科書の名作 (4)
平家物語・百人一首 (3)
映画・ドラマ・アニメなど (22)
三谷幸喜 (3)
ドラマ・映画 (12)
アニメ・漫画 (7)
GOPANレシピ・雑記・ゲームなど (37)
gopanレシピ (11)
ルピシアの紅茶 (2)
Twitter・ゲームなど (8)
雑記 (15)
ひだまりさん。面白かった本 (3)
ひだまりさん。とブログについて (10)