Welcome to my blog

『東京すみっこごはん』成田名璃子/愛情たっぷりの料理と優しい結末

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『東京すみっこごはん』成田名璃子/愛情たっぷりの料理と優しい結末 

成田名璃子さん
『東京すみっこごはん』

美味しいって不思議だ。
ただそれだけのことなのに、
気持ちが満たされて、力が湧いてくる。


あらすじ&感想


商店街の脇道に佇む古ぼけた一軒屋は、年齢も職業も異なる人々が集い、手作りの料理を共に食べる“共同台所”だった。イジメに悩む女子高生、婚活に励むOL、人生を見失ったタイ人、妻への秘密を抱えたアラ還。ワケありの人々が巻き起こすドラマを通して明らかになる“すみっこごはん”の秘密とは!?美味しい家庭料理と人々の温かな交流が心をときほぐす連作小説!
―「BOOK」データベースより―

とても心が温まる物語でした。
良い本を読んだなという感じです。

「すみっこごはん」って何だろうって思いました。
「すみっコぐらし」っていうキャラクターが好きなので、タイトルに親近感がわいた ひだまりさん。
すみっこって、なんとなく落ち着きますよね。
・・・この本には全く関係がないのですが(^^;

成田名璃子さん『東京すみっこごはん』のレビュー

風変わりなご飯屋さん


「すみっこごはん」とは、東京にひっそりとあるご飯屋さんなんです。
でもただのご飯屋さんではありません。
ちょっと変わった・・・イヤ、かなり風変わりなご飯屋さんです。

「そう。まさにここは、みんなが共同で使う台所なんです。といっても、台所に立つのは、基本的に一人だけ。当日集まったメンバーがくじ引きをして、料理当番を決めることになっています」


面白いですよね。
共同の台所で、くじ引きで料理当番を決めるなんて。
見ず知らずの人たちが集まって、ごはんを作り、一緒に食べるだけの場所です。
ちょっと不思議な感じがしますが、読んでいるとほっこりするんです。
いいなぁと思います。
みんな楽しそうなんですよね。
そして、そこに出てくる料理がまた美味しそうで。
美味しいご飯を前にすると、1日の疲れも吹っ飛びますね。


ほっくり肉じゃが


お味噌汁、ハンバーグ、肉じゃが・・・。
私の好きなものばかりです。
中でも肉じゃがの描写が美味しそうで、これを読んだ日の晩ご飯は肉じゃがにしちゃいました!

僕は丼に手を伸ばして、じゃがいもに箸を入れた。割れ目から、さらに湯気が上がる。軽く冷ましながらそっと噛んでみると、ほっくりと煮崩れたじゃがいもが、甘じょっぱい出汁といっしょに、ふんわりと口の中を満たしていった。


ほっくりしたじゃがいも、良いですね。
心も体も温まる。
この肉じゃがは、第3話の「団欒の肉じゃが」に出てきます。

【目次】
いい味だしてる女の子
婚活バーグ
団欒の肉じゃが
アラ還おやじのパスタ
楓のレシピノート

「いい味だしてる女の子」ではお味噌汁が、「婚活バーグ」ではハンバーグが、「団欒の肉じゃが」では肉じゃがが、「アラ還おやじのパスタ」ではナポリタンが出てきます。

「すみっこごはん」には丁寧なレシピがあって、料理当番になった人はそのレシピから作るんです。
愛情がいっぱい詰まったノート。
そのレシピノートが欲しい。

共同台所は、心のよりどころ


見ず知らずの人たちの集まりですが、そこに来るのはほとんど常連さんです。
高校生の楓、純也、田上さん、丸山さん、金子さん、柿本さん、奈央さん、一斗さん、ジェップ・・・。
みんな何かしら抱えているものがあって、居場所を求めて「すみっこごはん」にやって来る。
共同台所は彼らの心のよりどころなんです。

美味しいって不思議だ。ただそれだけのことなのに、気持ちが満たされて、力が湧いてくる。状況は何ひとつ変わっていないのに、何とかなるような気になっていく。


落ち込んでいても、美味しい料理を食べるとなぜか元気がでてくる。
たぶん愛情が込められた料理だからなんでしょうね。
すべての料理に愛情が詰まっていて、優しさに涙が出てきます。
食べても何も状況が変わるわけではないけれど、なんとなく明日の自分は今日の自分よりマシなんじゃないかと前向きになれる・・・ような気がする。
この小説を読んでいると心がほっこりします。


世界はお味噌汁


夜、お味噌汁を飲むと1日お疲れさまって自分に言ってあげたくなります。
ほっこり。

今日も頑張ったね、あなたも。

そんなほっこりするお味噌汁ですが、面白いなと思ったところがあります。
世界はお味噌汁なんです!

この世界は大きな鍋で、人は昆布や鰹節みたいなものかもしれない。みんな、それぞれの味を出しながら、世界という一つの大きな味をつくって暮らしているのだ


この表現が好きです。
人はみんな昆布やかつお節のように、いい味だしてるんです。
この本で描かれている登場人物たちのように。
高校生の楓の作ったお味噌汁。
始めは上手くできなかったのに、終盤になると上達しているのを読んで、私も嬉しくなりました。
そこにはある人への愛があったんです。
美味しいご飯を食べさせてあげたいという大切な人への優しさです。

お味噌汁を始め、この本の料理がすべて美味しそうなのは、そんな優しさにあふれているからです。

明かされる秘密


最後にいくにつれて「すみっこごはん」の秘密が明らかになっていきます。

誰がどんな思いで始めたのか。
あの愛情が感じられるレシピノートは、誰が誰へ宛てたものなのか。
お店の奥にある永久予約席は誰のものか。

結末は今まで以上に優しく、ポロポロと泣けてきました。
愛情にあふれた物語です。
あっという間に読んでしまいました。

・・・お味噌汁、明日はちゃんと出汁をとろうかな。



この記事を書いた人って、どんな人?
, WOWOWドラマ,

2 Comments

けい  

初めまして

こんにちは。
けいと申します。
とてもすてきなブログだなぁと、よくお邪魔させていただいています。

紹介されている本はどれも読みたくなってしまうのですが、この本はとくに気になって、さっそく読んでみました。
本当に良いお話でした!私は1話目から涙が出そうになってしまいました。
ゆっくり読まなきゃもったいない...と思いつつも、どんどん読んでしまって。
続編も出ていたので、今はこちらを読んでいるところです。

紹介していただきありがとうございました。
これからもお邪魔させてください。
記事を楽しみにしています!

2017/02/25 (Sat) 13:19 | EDIT | REPLY |   

ひだまりさん。  

けいさんへ。

初めまして、こんにちは。
コメントありがとうございます(*^^*)

『東京すみっこごはん』とても良かったです!
私も感動しました。
ほっこりと心が温まるお話ばかりで、優しい気持ちで読むことができました。
次から次へと涙が・・・。
ごはんも美味しそうだし、止まらなくなりますね。
続編もよさそうです。

このお話、ドラマ化になるのですよね。
・・・WOWOWなんですが。
ちょっと楽しみなんです。

こちらこそ、嬉しいコメントをありがとうございます(*^^)

2017/02/25 (Sat) 17:01 | EDIT | REPLY |   

Add your comment