Welcome to my blog

『誘拐症候群』貫井徳郎/誘拐事件と衝撃の結末/犯罪症候群 season1原作

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『誘拐症候群』貫井徳郎/誘拐事件と衝撃の結末/犯罪症候群 season1原作 

貫井徳郎さん
『誘拐症候群』症候群シリーズ2
(犯罪症候群 シーズン1 原作)

正義に罪はないのか?


あらすじ&感想


警視庁人事二課の環敬吾が率いる影の特殊工作チーム。そのメンバーのある者は私立探偵であり、托鉢僧であり、また肉体労働者である。今回の彼らの任務は、警察組織が解明し得なかった、自称・ジーニアスが企てた巧妙な誘拐事件。『症候群シリーズ』第二弾。再び現代の必殺仕置人が鮮やかに悪を葬る。
―「BOOK」データベースより―

『失踪症候群』に続き、『誘拐症候群』を読みました。
4月からドラマ化される『犯罪症候群 season1』は、この2冊が原作とのことです。
環敬吾 役に、渡部篤郎さん。
かっこいいですよね。

でもドラマのあらすじをみると、原作とは少し違うようです。
托鉢僧の武藤が私立探偵だったり・・・。(原作では原田が私立探偵です)
ドラマの武藤は、環チームの3人が合体したかんじ?
・・・原作どおりにはいかないものなんですね。

※ 少しだけネタバレあります。

*前作のレビューです。
『失踪症候群』

貫井徳郎さん『誘拐症候群』のレビュー

やっぱりキャラが良い!!


2冊続けて読んで、やっぱりキャラが良い!!
・・・と思いました。(前のレビューにも似たようなことを書きましたが。)

前作は、環率いる特殊工作チームの私立探偵・原田にスポットが当たっていたように感じました。
そして今回は、托鉢僧・武藤 隆の視点で物語は進んでいきます。
謎な人物でしたが、こうして彼の視点で描かれると、より人間味を感じることができます。
特殊チームの彼らは、元 警察官なんですね。

多発する誘拐事件


タイトルからも分かりますが、本書では誘拐事件が起こります。
それも身代金が少額のものから多額のものまで。
これらの事件は繋がっているんだろうかと、ドキドキしながら読み進めました。
そのひとつに、武藤が巻き込まれてしまうんです。

托鉢僧である彼の近くでティッシュ配りをしていた高梨道典の子供が誘拐されてしまいます。
身代金はなんと1億!!
高梨はいい所のボンボンだったんですね。
そのお金の運搬に指名されたのが、なぜか武藤でした。
でも受け渡しに失敗してしまい、子供は・・・。
責任を感じた彼は、1人で犯人探しに躍起になります。
この辺り、辛い心情がたくさん描かれていて胸がきゅっとしめつけられました。

その頃、環率いる特殊工作チームも動き出します。
私立探偵の原田に、肉体労働者の倉持。
環チームは、また別の小口誘拐事件の犯人を追っていました。
今回は武藤は別行動です。
彼らが追っていたのは、ジーニアスという人物。
そして、誘拐事件とは知らずに手伝わされていた磯村咲子に目をつけます。


非人間的な環敬吾


前作では環がかっこよく魅力的に感じましたが、今回は少し怖さを感じてしまいました。
私がそう感じたのは、犯人を追いつめる過程にあります。
それで、どんどん追いつめられていくジーニアス。
自業自得だーと思いましたが、それと同時に環の冷徹ぶりにもヒヤリとしました。
確たる証拠がないからこうするしかない・・・。
情け容赦ないんですよね。

環は犯罪者を追いつめるためならば、どんな手段も厭わない。たとえそれが違法行為であろうと、そうするより他に手だてがない場合、環は躊躇なく決断を下す。


少しだけネタバレになりますが、環の追っている事件と武藤の事件は同じく「誘拐」ですが、全く別々のものでした。
・・・にもかかわらず、環はもう一つの事件を利用して自分が追っている犯人を追いつめようとする。
それが少し冷酷のように感じました。

「子供をさらわれた夫婦の―高梨夫婦の気持ちは考えなかったのですか」


そう問う武藤の気持ちがわかります。
それに対して環は・・・。

明かされる武藤の過去


1作目では謎の男だった武藤が、本作では多くが語られています。
自分の信念みたいのがあって、イイ奴なんだぁと思いました。
でも暗い過去があって、そのために警察をやめたようです。

それでもおれは、人を殺したいと思ったことがあります。


武藤の中に存在する<獣>。
最後の方で彼の過去が明かされました。
警察をやめて坊主になったわけとは?


衝撃の結末


最後は衝撃を受けました。
色んなことが明らかになります。
たとえば、武藤が運んだ1億円が燃やされていた謎。
誘拐事件が殺人事件を呼びよせる・・・。
ドラマでは全体を通して、復讐の是非が問われているようです。
復讐は善か悪か―。

後味の悪い結末でしたが、それよりも武藤と環のすれ違いの方が気になってしまいました。

本当は環こそが、どんな犯罪者も足許にすら及ばない、悪人なのではないか。そんな考えが武藤の脳裏にまとわりついて離れなかった。


大丈夫かー、この2人・・・。
環の正義に罪はないの?

次は、面白いと言われている3作目『殺人症候群』。
この2人のすれ違いがどう転ぶのか気になります。

* 3作目のレビューです。
『殺人症候群』


関連記事

この記事を書いた人って、どんな人?
症候群シリーズ,

0 Comments

Add your comment