Welcome to my blog

『アノニム』原田マハ/ジャクソン・ポロック 「ナンバー・ゼロ」/世界を変えたアート

*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~

読書感想ブログです。たまにネタバレするかもしれません。ホームベーカリーGOPANのレシピも扱っています。


Total:
現在:

『アノニム』原田マハ/ジャクソン・ポロック 「ナンバー・ゼロ」/世界を変えたアート 

原田マハさん
『アノニム』

現代アーティストの巨星
ジャクソン・ポロック
〈幻の傑作〉を手に入れろ―


あらすじ&感想


あらすじ

ジャクソン・ポロック幻の傑作 「ナンバー・ゼロ」 が香港でオークションにかけられることになった。建築家である真矢美里は七人の仲間とある計画に挑む。一方アーティスト志望の高校生・張英才のもとには謎の集団「アノニム」からコンタクトがあり!? ポロックと英才、ふたつの才能の出会いが "世界を変える" 1枚の絵を生み出した。 

原田マハさんのアート小説。
『楽園のカンヴァス』『暗幕のゲルニカ』『デトロイト美術館の奇跡』に続き、『アノニム』を読みました。
楽しみにしてたのですが、ちょっと微妙だったかな・・・。
面白かったけど展開がイマイチ。
この4つの作品の中では『楽園のカンヴァス』が1番よかったと思います。

・・・と言いつつも、後半はわりと楽しめました。
そして今回もアートの力を感じずにはいられません。

原田マハさん
『アノニム』のレビュー

謎の窃盗集団 「アノニム」


まず読みながら感じたのが、

今までの小説とは少しテイストが違う?

・・・ということです。
( 私が今まで読んだものと比べると、です。)
同じアート小説なんだけど、本作はエンタメのような感じでした。

あるインタビュー記事で原田さんはこうおっしゃっていました。
以下、一部を引用しております。

今回はポロックの作品が持つ力によって、彼よりも後の人——この作品でいえば、香港の高校生、張英才ですね——が影響を受けるという物語にしたかった。国も時代も違うかもしれないけれど、アートの持つ力が後の世にもたらす、その影響力を描きたかったんです。

・・・なるほど。
私が前に読んだものは、アーティストの人生がそのまま物語に織り交ぜて描かれていました。
今回は、そういう描き方をしていないのですね。
それがあまりのめり込めなかった理由かも。
・・・と納得したところで、少し本の内容にふれたいと思います。



タイトルにもなっている 「アノニム」 とは、謎の窃盗集団のこと。

【アノニムのメンバー】
ジェット、エポック、ミリ、ヤミー、ネバネス、オブリージュ、ネゴ、オーサム

・・・登場人物、多いわ。
でもイラスト付きで紹介されているので、イメージしやすかったです。
それぞれ個性的なキャラが魅力的。

アノニム (anonyme)、英語でいうとunknown。
作者不詳という意味らしいですね。
盗まれた美術品を取り返してあるべき所に・・・がモットーの彼ら。
ルパン三世を連想しました。

そしてボスのジェットから彼らに、ある指令が下ります。

―ジャクソン・ポロック 「ナンバー・ゼロ」 を、贋作にすり替えよ。絶対に、誰にも気づかれないように―。


贋作すり替え!?

世界を変えたアクション・ペインティング


原田さんのアート小説の魅力は、なんと言っても絵画に込められた熱い思いを感じられることです。
絵画に疎い私でも。
ルソーの 「夢」、ピカソの 「ゲルニカ」、セザンヌの 「マダム・セザンヌ」、そして今回は ジャクソン・ポロックのナンバーシリーズです。

アメリカ抽象表現主義の旗手、ジャクソン・ポロック作 「ナンバー・ゼロ」 。
ちなみに本作にでてくる 「ナンバー・ゼロ」 は原田さんの創作?
『アノニム』の表紙になっているのは、「ナンバー1A 1948」 です。




なんだか壁紙のような、よく分からない絵。
・・・と思いながら読んでいると、途中でビックリします。

「アクション・ペインティング」 と言うらしいですね。
カンヴァスを床に置き、その上を動き回って激しく絵の具を垂らし、自分の動きの軌跡をペインティングとして現す。

えっ!?
カンヴァスを立て掛けて描いているのではないの!?

そんな風に描かれているなんて・・・と、マジマジ表紙を眺めてしまいました。
これはスゴイかも。

ピカソのように、独自の作風を打ち立てた―というのとは違う。絵の描き方そのもの、スタイルを変えてしまったのだ。


世界で初めて 「アクション・ペインティング」 をしたのがジャクソン・ポロック。
彼の中にはいつもピカソがいて、

「どうしたらピカソを超えられるのか」


・・・ということを考えていた、と。
それでこんな斬新なことを思いつくなんて、まさにアート界が変わった!!と言えますね。
この物語は、「一枚の絵で世界を変える」 ということについて描かれているんです。

一枚の絵で世界は変わる?


やあ、アーティスト・張英才。
たった一枚の絵で、世界を変えてみないか?


窃盗集団 「アノニム」と、高校生アーティスト・張英才。
彼らの才能が交わるとき、世界は変わるのか?

舞台は香港です。
一枚の絵というのは、アクション・ペインティングで描かれたジャクソン・ポロックの 「ナンバー・ゼロ」 を指しています。
読みながら何度も表紙の絵を眺めてしまいました。
原田さんのアート小説を読んでいると、必ずそうしてしまうんですよね。
私なりにこの絵に込められた思いを感じようと。

アートで世界は変わるのでしょうか?
・・・ちょっと出来すぎた展開になるんですよね。
難読症 (ディスレクシア) が治ってしまうのには、そんな訳ないだろっと、つっこみたくなります。
それに、最後の展開はいただけません。
知らずに贋作を書かされた彼はどうなの?
これって犯罪じゃん。


他にもある読みどころ


私が涙したところがあります。
それはジェットの過去の回想シーン。

ただうれしくて。……この絵に、会えたことが。ぼくは、いつかきっと……買いにきます、この絵を。


思わぬところで出会った一枚の絵。
たった一枚の絵なのに、思い出やさまざまな感情が溢れてくる。

アートって書き手の思いだけでなくて、それを鑑賞する人の思いもつまっているんですね。

そして目が離せなくて一気に読んでしまったところ。
オークションのシーンがスリルがあって面白いんです。
幻の作品を競り落とすために、価格がどんどん上がっていく・・・。
これは情景が浮かんできて、オークションの熱を感じました。

アートを通して見えるもの


ポロックは、一枚の絵を通して、おれたちに教えてくれている。―もしも目の前にドアがあるなら、まずノックしてみろ、と。


この言葉、絵を見ながら感じたのですが、本当にポロックが言っているような気分になりました。
アート界を覆したジャクソン・ポロック。
そこにはいつも挑戦があった。

たとえ世界が変わらなかったとしても、ドアをノックしてみることが大切。

ネットで少し絵画鑑賞してみたのですが、ポロックの絵はどれもが躍動的。
それでいて緻密に計算されているのが感じられます。
あまりハマれなかった『アノニム』ですが、彼の絵に出会うことができたことが1番良かったです。
原田さんの本を読むと、絵画鑑賞が楽しくなる。
実物、みたいなぁ。


関連記事

この記事を書いた人って、どんな人?
アート, ジャクソン・ポロック,

0 Comments

Add your comment