『猫のプシュケ』(絵本) Goose house 竹澤汀&もずねこ / プシュケの叶わぬ恋

ざんねんだけど きみと女の子は ちがうんだ。いのちの長さも 恋する気持ちも

Goose house / 竹澤汀 (文)
もずねこ (絵)

絵本『猫のプシュケ』
もずねこさんがイラストを描かれている絵本ということで手にとりました。

この絵本は、Goose houseというシンガーソングライターユニットの楽曲 「猫のプシュケ」 が元になったものなんですね。曲は聞いてないのですが、素敵なお話でした。

ネタバレあります。

『猫のプシュケ』あらすじ

涙が止まらない恋のおはなし。

『猫のプシュケ』 オススメ度 : 感動 : ほっこり : 切なさ :

【あらすじ】
浜辺で女の子と子ねこは出会いました。ふたりの宝物のような日々はやがて…涙が止まらない恋のおはなし。せつなくも心あたたまる絵本。―「BOOK」データベースより―

『猫のプシュケ』感想

女の子が浜辺で出会った1匹のねこ、プシュケ。彼が人間の女の子に恋をするといったストーリーでした。・・・ちょっと切ないんですよね。

ねこが抱いた恋心

泣きそうになりました。

私の周りにネコはいないけど、それでも切ない。もしかしたらペットを飼っている人の方が泣いてしまうかもしれません。

結論から言うと、彼の恋は成就しないんです。

・・・想像がつくと思いますが、ネコと人とは何もかもが違う。言葉もそうだし、年齢も、寿命も・・・。でも女の子に恋をする主人公の気持ちは、痛いほどわかります。だから とても切なくなってしまうんです。

女の子とプシュケの距離

人と話すことが苦手な女の子が、海辺で1匹の小さな猫と出会います。

最初のころは2人仲よく遊んでいました。でもやがて女の子に友だちができて、猫をおいて遊びに行ってしまう。

もう ずっと前に なまえを もらった ころから、プシュケは 女の子に 恋をしていたのです。

・・・ああ、神さま。
と、ひだまりさん。は思わずにいられません。

どうか、プシュケの気持ちを彼女に伝えてください。

1回読んで、2回読んで、3回読みました。けど何回読んでも気持ちは届きません。

プシュケが 「愛しているよ。ぼくの 愛のかみさま」 と言うと、女の子は 「ごはんは もう ないよ」 と 言います。

・・・もどかしい。言葉が通じないって切ないですね。

切ない恋に涙する

気持ちが届かなくて泣いているプシュケに、お月さまが言ったひとことが胸に刺さりました。

ざんねんだけど きみと女の子は ちがうんだ。いのちの長さも 恋する気持ちも

ネコと人。
初めからわかってはいたけれど。どうして プシュケと女の子は 猫と人として出会ってしまったんだろう。もしも彼が人間だったなら、気持ちだけでも伝えることができたのに。

失ってから気づくもの

ラストもまたジワジワと切なかったです。

お月さまの粋な計らいによって、最後にプシュケの気持ちは女の子に届くんです。少しだけ救われた気持ちになりました。

でも彼女が彼の気持ちを知ったとき、プシュケはもういない・・・。

大切なことは、いつも失ってから気づく。

この物語を読むと、人間に恋した猫の言葉が通じないもどかしさや、叶わぬ恋、失ってから気づく想いに胸を痛めます。大切な人がいる人、伝えたい想いがあるとき、言葉にしないと伝わらない。

もしも、プシュケが最後のトキを迎える前に 気持ちを伝えることができていたら・・・。

恋が実るかは別としても、こんなにも切なくなることは なかったかもしれません。・・・それでも 彼は幸せだったんだろうな。彼女と出会って恋をして、一緒に過ごした時間はかけがえのないものですよね。

連想した曲

この絵本を読んでいて、ひだまりさん。が連想した曲があります。昔はロックバンドが好きでよく聞いていました。

ロックというよりヘビメタ?

絵本を読みながらそれを連想する私もどうかと思いますが・・・。

SEX MACHINEGUNS の 「犬の生活」 。

もしも僕が犬になったら・・・という曲で、聴いているとジーンとします。マシンガンズでは 「みかんのうた」 も楽しくて好きだけど、「犬の生活」 がとても好き。

怪しいやつが近づいても 僕がワンワンワン吠えてあげる 僕は恋人になれないから あなたのそばでワンワンワーン あなたのことが 大好きだから ただ あなたのそばにいたくて あなたが幸せなら 僕は犬のままでもかまわない

SEX MACHINEGUNS 「犬の生活」 より

歌詞が切ないですよね・・・。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

あ行の作家 (77)
相場 英雄 (1)
青山 美智子 (1)
朝井 リョウ (1)
浅田 次郎 (1)
麻野 涼 (1)
麻見 和史 (2)
芦沢 央 (1)
綾辻 行人 (1)
新井 素子 (3)
有川 浩 (1)
安房 直子(童話) (16)
伊岡 瞬 (1)
池井戸 潤 (3)
伊坂 幸太郎 (2)
石川 智健 (1)
石田 衣良 (1)
伊藤 計劃 (2)
乾 くるみ (2)
岩木 一麻 (1)
上田 早夕里 (5)
冲方 丁 (1)
江國 香織 (9)
岡嶋 二人 (1)
小川 洋子 (1)
奥田 英郎 (1)
乙一 (2)
恩田 陸 (8)
あ行の作家 その他 (7)
か行の作家 (28)
海堂 尊 (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (9)
北川 恵海 (1)
北村 薫 (2)
清武 英利 (2)
倉本 由布 (2)
小林 由香 (2)
近藤 麻里恵(こんまりさん) (1)
今野 敏 (7)
さ行の作家 (15)
佐伯 和人 (1)
佐々木 譲 (6)
時雨沢 恵一 (1)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (1)
下村 敦史 (2)
宿野 かほる (1)
翔田 寛 (1)
住野 よる (1)
た行の作家 (26)
大門 剛明 (1)
高田 大介 (3)
高畑 京一郎 (2)
高野 和明 (1)
谷川俊太郎 (3)
知念 実希人 (1)
辻堂 ゆめ (1)
辻村 深月 (8)
筒井 康隆 (4)
堂場 瞬一 (2)
な行の作家 (27)
中山 七里 (10)
長崎 尚志 (1)
長沢 樹 (1)
長野 まゆみ (5)
夏川 草介 (5)
成田 名璃子 (1)
貫井 徳郎 (3)
ねじめ 正一 (1)
は行の作家 (49)
畑野 智美 (2)
羽田 圭介 (1)
帚木 蓬生 (4)
浜口 倫太郎 (1)
原田 マハ (7)
早見 和真 (1)
東野 圭吾 (25)
百田 尚樹 (1)
古谷田 奈月 (1)
星 新一 (3)
誉田 哲也 (1)
は行の作家 その他 (2)
ま行の作家 (39)
前川 裕 (1)
又吉 直樹 (ピース又吉) (1)
まど・みちお ( 詩集 ) (2)
真梨 幸子 (2)
三浦 しをん (1)
三島 由紀夫 (1)
道尾 秀介 (9)
湊 かなえ (2)
宮下 奈都 (1)
宮部 みゆき (8)
向田 邦子 (1)
村上 春樹 (2)
村山 早紀 (1)
村山 由佳 (1)
森 絵都 (3)
森 博嗣 (1)
森見 登美彦 (1)
ま行の作家 その他 (1)
や行の作家 (29)
薬丸 岳 (13)
柳 広司 (1)
山崎 豊子 (3)
山田 詠美 (1)
柚木 麻子 (1)
柚月 裕子 (1)
吉野 源三郎 (1)
米澤 穂信 (8)
海外の作家 (5)
SF (4)
ファンタジー (1)
絵本 (55)
佐野 洋子 (2)
刀根 里衣 (12)
藤城 清治 (4)
ロブ・ゴンサルヴェス (4)
クリスマスおすすめ絵本 (8)
大人にもおすすめ絵本 (25)
山本くんガチャ・その他の本 (21)
100万分の1回のねこ (13)
山本くん ガチャ (5)
その他の本 (3)
教科書の名作・古典 (7)
教科書の名作 (4)
平家物語・百人一首 (3)
映画・ドラマ・アニメなど (22)
三谷幸喜 (3)
ドラマ・映画 (12)
アニメ・漫画 (7)
GOPANレシピ・雑記・ゲームなど (37)
gopanレシピ (11)
ルピシアの紅茶 (2)
Twitter・ゲームなど (8)
雑記 (15)
ひだまりさん。面白かった本 (3)
ひだまりさん。とブログについて (9)