『おもいで星がかがやくとき』(絵本) 刀根里衣 / ピナと夜空に輝くお星さま

あなたは、そのひとが この世に 生きていたあかし。

刀根里衣さん『おもいで星がかがやくとき』。
図書館で借りてきました、刀根さんの絵本です。順番が回ってきたので、さっそくカウンターに受け取りに行くと・・・、

で、でかい!!

いつも見なれた絵本の大きさよりも大きくて (縦長で) 面食らってしまいました ^_^; でもこの大きさで見る刀根さんのイラストは格別です。

『おもいで星がかがやくとき』評価&あらすじ

かけがえのない人を喪ったとき・・・。

『おもいで星がかがやくとき』 オススメ度 : 感動 : ほっこり : 切なさ :

【あらすじ】
ある日、何も言わずに姿を消してしまったピナの大切なひと。そのひとは、お星さまになって彼女を遠くから見守っているといいます。「わたしのお星さまはどこ?」ピナは、かつてふたりで訪れた場所を必死にさがしますが、そのひとは見つかりません。そして、夜空に輝く星たちから告げられた衝撃の事実とは…。かけがえのないひとの喪失を、主人公はどのように受け止め、乗り越えていくのか、いっしょに見守ってください。―「BOOK」データベースより―

『おもいで星がかがやくとき』感想

刀根さんのことばが優しくて泣いてしまいそうになりました。

お星さまになった、そのひと

大切な人が突然いなくなってしまいました。

そのひとは あの日、ピナをおいて いなくなってしまいました。

ピナはお星さまになったという、その人を探しに思い出の場所を訪ねます。一緒に泳いだ海、2人で遊んだ水辺、かくれんぼをした花畑・・・。

可愛いネズミのピナとともに、刀根さんの淡く幻想的な風景イラストが楽しめます。でもピナの大切な人はいなくて、ちょっぴり切なく心に残りました。

夜 夜景 街

泣きたいとき

この絵本は大切な人をなくした喪失感と、それを乗り越えていくピナの姿が描かれています。

悲しいときは思いっきり泣くと良いよと、言いますよね。中途半端に悲しむよりも思いっきり泣いてしまった方が、気持ちがスッキリする場合があります。

ピナに お星さまが言ったひとことが心に響きました。

かなしいときは 心のままに ないていいのよ。

お星さまの言葉が優しくて私も泣いてしまいそうになりました。そんなに大きなことではないけど、泣きたいのに我慢してしまうときが ひだまりさん。にはあります。そんなことを思い出してしまう・・・。

泣きたいときは、泣いてもいいんだよ。

途中から自分に言い聞かせるように読んでいました。いつも思うのですが、刀根さんの言葉は優しいですね。ストンと心に落ちて温まる。

かけがえのないもの

やがてお星さまはピナに言います。

あなたが さがしているひとは、もう どこにもいないの

・・・残酷だけど、いずれは知らないといけないこと。喪失感で打ちひしがれているときって、楽しい思い出ほど思い出すのが辛いものです。でもきっとその思い出は、時とともにかけがえのないものに変わっていくはずです。

「あなたは、そのひとが この世に 生きていたあかし。あふれるおもいでで、大切なひとを てらしつづけてあげて」

この言葉、ステキだなと思いました。私は、その人が生きていたあかし。そう言われると、胸を張って生きていこうという気になります。・・・大切な人の分まで。

思い出を持つことで、亡くなった人もいつまでも輝き続けることができる。

それは とても素晴らしいことですよね。

空にかがやく たくさんのおもいで星

亡くなったひとは星になる・・・とはよく言いますね。

残された人はその星をながめながら彼らを思います。 手が届きそうで届かない星。切なく寂しい気持ちになったり、穏やかな気持ちになったりもしますよね。 そういう思いを馳せている時間って、とても大切なんだと思います。

星の数だけたくさんの想いがあって、夜空に輝く星のひとつひとつが誰かの思い出。

・・・そう考えて星空を見上げると、いつもとはまた違った感情がわきあがってきそう。感慨深いです。

関連記事

コメント 0

There are no comments yet.

コメントを残す

あ行の作家 (79)
相場 英雄 (1)
青山 美智子 (1)
朝井 リョウ (1)
浅田 次郎 (1)
麻野 涼 (1)
麻見 和史 (2)
芦沢 央 (1)
彩坂 美月 (1)
綾辻 行人 (2)
新井 素子 (3)
有川 浩 (1)
安房 直子(童話) (16)
伊岡 瞬 (1)
池井戸 潤 (3)
伊坂 幸太郎 (2)
石川 智健 (1)
石田 衣良 (1)
伊藤 計劃 (2)
乾 くるみ (2)
岩木 一麻 (1)
上田 早夕里 (5)
冲方 丁 (1)
江國 香織 (9)
岡嶋 二人 (1)
小川 洋子 (1)
奥田 英郎 (1)
乙一 (2)
恩田 陸 (8)
あ行の作家 その他 (7)
か行の作家 (29)
海堂 尊 (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (9)
北川 恵海 (1)
北村 薫 (2)
清武 英利 (2)
倉本 由布 (2)
小林 由香 (2)
近藤 麻里恵(こんまりさん) (1)
今野 敏 (8)
さ行の作家 (15)
佐伯 和人 (1)
佐々木 譲 (6)
時雨沢 恵一 (1)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (1)
下村 敦史 (2)
宿野 かほる (1)
翔田 寛 (1)
住野 よる (1)
た行の作家 (29)
大門 剛明 (1)
高田 大介 (3)
高畑 京一郎 (2)
高野 和明 (1)
谷川俊太郎 (3)
知念 実希人 (1)
辻堂 ゆめ (1)
辻村 深月 (8)
筒井 康隆 (4)
恒川 光太郎 (3)
堂場 瞬一 (2)
な行の作家 (27)
中山 七里 (10)
長崎 尚志 (1)
長沢 樹 (1)
長野 まゆみ (5)
夏川 草介 (5)
成田 名璃子 (1)
貫井 徳郎 (3)
ねじめ 正一 (1)
は行の作家 (54)
畑野 智美 (2)
羽田 圭介 (1)
帚木 蓬生 (4)
浜口 倫太郎 (1)
原田 マハ (11)
早見 和真 (1)
東野 圭吾 (26)
百田 尚樹 (1)
古谷田 奈月 (1)
星 新一 (3)
誉田 哲也 (1)
は行の作家 その他 (2)
ま行の作家 (41)
前川 裕 (1)
又吉 直樹 (ピース又吉) (1)
まど・みちお ( 詩集 ) (2)
真梨 幸子 (2)
三浦 しをん (1)
三島 由紀夫 (1)
道尾 秀介 (11)
湊 かなえ (2)
宮下 奈都 (1)
宮部 みゆき (8)
向田 邦子 (1)
村上 春樹 (2)
村山 早紀 (1)
村山 由佳 (1)
森 絵都 (3)
森 博嗣 (1)
森見 登美彦 (1)
ま行の作家 その他 (1)
や行の作家 (29)
薬丸 岳 (13)
柳 広司 (1)
山崎 豊子 (3)
山田 詠美 (1)
柚木 麻子 (1)
柚月 裕子 (1)
吉野 源三郎 (1)
米澤 穂信 (8)
海外の作家 (5)
SF (4)
ファンタジー (1)
絵本 (57)
佐野 洋子 (2)
刀根 里衣 (13)
藤城 清治 (4)
ロブ・ゴンサルヴェス (4)
クリスマスおすすめ絵本 (8)
大人にもおすすめ絵本 (26)
山本くんガチャ・その他の本 (21)
100万分の1回のねこ (13)
山本くん ガチャ (5)
その他の本 (3)
教科書の名作・古典 (7)
教科書の名作 (4)
平家物語・百人一首 (3)
映画・ドラマ・アニメなど (22)
三谷幸喜 (3)
ドラマ・映画 (12)
アニメ・漫画 (7)
GOPANレシピ・雑記・ゲームなど (37)
gopanレシピ (11)
ルピシアの紅茶 (2)
Twitter・ゲームなど (8)
雑記 (15)
ひだまりさん。面白かった本 (3)
ひだまりさん。とブログについて (10)