『宇宙百貨活劇 (ペンシルロケット・オペラ)』長野まゆみ /【感想】双子の絆

「ミケシュだって、ほんとうはぼくのことキラいなんだろう。」

長野まゆみさん『宇宙百貨活劇 ペンシルロケット・オペラ』。双子 (ツイン) を主人公とした短編集+長野まゆみさんの言葉辞典も掲載されています。

『宇宙百貨活劇 』あらすじ

不思議で幻想的な世界。

『宇宙百貨活劇』 オススメ度 : 感動 : 意外さ : 読みやすさ :

【あらすじ】
ミケシュとロビンは双子、ふたりのどちらが兄で弟か、パパとママにも決められない……。美しく移り行く季節の中で、ふたりの少年が楽しく過ごす夢の世界を描いた表題作のほか、著者自家製ことば辞典「ことばのブリキ罐」を併録。

『宇宙百貨活劇』感想

とても私好みでした。ジャンルはファンタジーなのかな。・・・とにかく不思議で幻想的。

ワクワクする幻想世界

1話ずつ完結しているので、目次のどこから読んでも楽しめる物語です。

宮沢賢治さんの『銀河鉄道の夜』(アニメ映画版) を連想しました!

大好きなアニメなんですが、あの幻想的な雰囲気に少しだけ似ているんですよね。リアルにありそうな "不思議" を感じてワクワクしてしまう。しかも本の中では、それが現実で。ふしぎな事が起きているのに、登場人物たちが平然としているから私も自然と受け入れられる。

15話の短編 +「ことばのブリキ罐」が掲載されています。特にひだまりさん。が好きなのは、「バターカップ教授」 と 「パペットの謝肉祭」、「サン・スゥシ通り」 でした。

仲良しライバルな双子

主人公は 双子の男の子、ミケシュとロビンです。

主にミケシュの視点で進んでいきます。彼らが可愛くて微笑ましいんです。

ぼくは三日前から、ロビンと大ゲンカしている。ことの起こりは、双子 (ツイン) のぼくたちのうち、どちらが兄でどちらが弟か、という諍いだった。

―「ムーンドロップの夜」 より

どちらが兄で、どちらが弟か?

どっちでもいいじゃん・・・と思いますが、2人にとっては大問題。収拾はつくのでしょうか? この1話の結末が可愛くて好きです。

いつも一緒にいる2人。自分と同じ顔がもう1人いるのだから、双子って特別な感じがします。ミケシュもロビンもお互いをライバル視していますが、本当は仲良しでかけがえのない存在。二人は強い絆で結ばれているんです。

「ミケシュだって、ほんとうはぼくのことキラいなんだろう。」
「さっきはね、ほんの少し。でも今は好きだよ。」
「ほんとうに、」
「あたりまえぢゃないか。」

― 「パペットの謝肉祭」 より

この部分、心が温まります。「あたりまえぢゃないか。」 と言うミケシュのことばが力強くて好き。

ムーンドロップとマシュマロ入りショコラ

美味しそうな食べ物がたくさんでてきます。

"卵色のシフォン"、"蜂蜜を溶かしたムーンケーキ"、"ムーンドロップ"、"マシュマロ入りショコラ" など。

子供たちはみんな、光る石をいれた、特別の壜 (びん) 入りソォダ水を買ってもらう。その石は柘榴石 (ガアネット) に似て、表面を多面体に削ったガラス玉で、色はやや黄色く透徹 (すきとお) っていた。このガラス玉をいれたソォダ水は、《ムーンドロップ》と呼ばれて、大人気だ。

―「ムーンドロップの夜」 より

ムーンドロップが飲みたい。

子供のころ買ってもらったラムネを思い出しました。あれに似ているのかな?ガラス壜の中にビー玉が入っていて、飲むたびにカランと音がして。ビー玉、どうやって入れたんだろうと不思議でした。

そして "マシュマロ入りショコラ" が美味しそう。

マシュマロは浮かべているあいだにショコラの甘みをほどよく含む。これを、いちばん最後に食べるのは、また格別だった。

―「スパァクリング星 (スタア) 」より

これだったら作れるかも。
前に読んだ長野まゆみさんの『月の船でゆく』にも、ココレットというショコラと珈琲と牛乳を三等分にして温めた飲みものが描かれていて、心惹かれるものがありました。こういうのに、ひだまりさん。は ときめいてしまいます。

漢字とカタカナの日本語の美しさ

長野まゆみさんの本を読むと、いつも感じるのが日本語の美しさです。

ふだん見ない漢字や、カタカナ使いが素敵なんです。

それが不思議な世界観を生み出しているのかもしれません。

長野さん自家製のことば辞典。

最後の方に掲載されている「ことばのブリキ罐」も読むのが楽しかったです。

子供の頃から、辞書や読んだ本の中の気に入ったことばを抜き書きするのを好んでいた。それがいつしか自家製の辞書となり、近頃は創作に欠かせない資料となっている。

― 「ことばのブリキ罐」 より

そこには数々の素敵なことばが並んでいて、思わず私も真似したくなってしまいます。こういう、なんか気になる単語を集めたノートというのも面白いですね。

関連記事

コメント 0

There are no comments yet.

コメントを残す

あ行の作家 (80)
相場 英雄 (1)
青山 美智子 (1)
朝井 リョウ (1)
浅田 次郎 (1)
麻野 涼 (1)
麻見 和史 (2)
芦沢 央 (1)
彩坂 美月 (1)
綾辻 行人 (2)
新井 素子 (3)
有川 浩 (1)
安房 直子(童話) (16)
伊岡 瞬 (1)
池井戸 潤 (3)
伊坂 幸太郎 (2)
石川 智健 (1)
石田 衣良 (1)
伊藤 計劃 (2)
乾 くるみ (2)
岩木 一麻 (1)
上田 早夕里 (5)
冲方 丁 (1)
江國 香織 (9)
逢坂 剛 (1)
岡嶋 二人 (1)
小川 洋子 (1)
奥田 英郎 (1)
乙一 (2)
恩田 陸 (8)
あ行の作家 その他 (7)
か行の作家 (29)
海堂 尊 (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (9)
北川 恵海 (1)
北村 薫 (2)
清武 英利 (2)
倉本 由布 (2)
小林 由香 (2)
近藤 麻里恵(こんまりさん) (1)
今野 敏 (8)
さ行の作家 (16)
佐伯 和人 (1)
佐々木 譲 (6)
時雨沢 恵一 (1)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
下村 敦史 (2)
宿野 かほる (1)
翔田 寛 (1)
住野 よる (1)
た行の作家 (33)
大門 剛明 (1)
高田 大介 (3)
高畑 京一郎 (2)
高野 和明 (1)
谷川俊太郎 (3)
知念 実希人 (1)
辻堂 ゆめ (1)
辻村 深月 (12)
筒井 康隆 (4)
恒川 光太郎 (3)
堂場 瞬一 (2)
な行の作家 (27)
中山 七里 (10)
長崎 尚志 (1)
長沢 樹 (1)
長野 まゆみ (5)
夏川 草介 (5)
成田 名璃子 (1)
貫井 徳郎 (3)
ねじめ 正一 (1)
は行の作家 (55)
畑野 智美 (2)
羽田 圭介 (2)
帚木 蓬生 (4)
浜口 倫太郎 (1)
原田 マハ (11)
早見 和真 (1)
東野 圭吾 (26)
百田 尚樹 (1)
古谷田 奈月 (1)
星 新一 (3)
誉田 哲也 (1)
は行の作家 その他 (2)
ま行の作家 (47)
前川 裕 (1)
又吉 直樹 (ピース又吉) (1)
まど・みちお ( 詩集 ) (2)
真梨 幸子 (2)
三浦 しをん (1)
三島 由紀夫 (1)
道尾 秀介 (11)
湊 かなえ (7)
宮下 奈都 (1)
宮部 みゆき (8)
向田 邦子 (1)
村上 春樹 (2)
村田 沙耶香 (1)
村山 早紀 (1)
村山 由佳 (1)
森 絵都 (3)
森 博嗣 (1)
森見 登美彦 (1)
ま行の作家 その他 (1)
や行の作家 (29)
薬丸 岳 (13)
柳 広司 (1)
山崎 豊子 (3)
山田 詠美 (1)
柚木 麻子 (1)
柚月 裕子 (1)
吉野 源三郎 (1)
米澤 穂信 (8)
海外の作家 (5)
SF (4)
ファンタジー (1)
絵本 (58)
佐野 洋子 (2)
刀根 里衣 (13)
藤城 清治 (4)
ロブ・ゴンサルヴェス (4)
クリスマスおすすめ絵本 (8)
大人にもおすすめ絵本 (27)
山本くんガチャ・その他の本 (21)
100万分の1回のねこ (13)
山本くん ガチャ (5)
その他の本 (3)
教科書の名作・古典 (7)
教科書の名作 (4)
平家物語・百人一首 (3)
映画・ドラマ・アニメなど (22)
三谷幸喜 (3)
ドラマ・映画 (12)
アニメ・漫画 (7)
GOPANレシピ・雑記・ゲームなど (36)
gopanレシピ (11)
ルピシアの紅茶 (2)
Twitter・ゲームなど (8)
雑記 (14)
厳選!!面白かった本&特集記事 (4)
ひだまりさん。とブログについて (11)