絵本『アレクサンダとぜんまいねずみ』レオ=レオニ&谷川俊太郎/【感想】憧れの紫の小石

絵本『アレクサンダとぜんまいねずみ』 ともだちを みつけた ねずみの はなし

「つきが まんまるの とき, 」 とかげは いった。 「むらさきの こいしを もって おいで。」

レオ=レオニ
谷川俊太郎 (訳)

ひだまりさん。が 小さい時に読んだレオ=レオニの絵本です。谷川俊太郎さんの訳。『アレクサンダとぜんまいねずみ』という絵本だったんですね。忘れていました。

『アレクサンダとぜんまいねずみ』あらすじ

アレクサンダとウイリーの友情の話。

『アレクサンダとぜんまいねずみ』 オススメ度 : 感動 : ほっこり : 切なさ :

【あらすじ】
子供に ちやほやされる おもちゃのぜんまいねずみ。それが羨ましい ねずみのアレクサンダ。アレクサンダは ある日、願いを叶えてくれる虹色のとかげと出会う。

『アレクサンダとぜんまいねずみ』感想

あ。紫の小石だ!

小石の話。ひだまりさん。は 「紫の小石の話」 と覚えていました。小さいころ読んだ思い出の絵本です。

願いを叶えてくれる "まほうの とかげ"

願いを叶えてくれる (生物を他の生物に変えることのできる) "まほうの とかげ" が言いました。

「つきが まんまるの とき, 」 とかげは いった。 「むらさきの こいしを もって おいで。」

小さいころ読んだ時、この場面が印象的でした。
ここだけ、はっきりと覚えています。

とかげが 虹色で色とりどりなのが神秘的な感じがして、いかにも "まほうの とかげ" 感満載です。

ねずみのアレクサンダも可愛いけど、とかげの方に魅入ってしまいます。その "まほうの とかげ" が、アレクサンダの願いを叶えてくれるんです。

ただし!!
それには条件があって・・・、"むらさきの こいし" を持ってくること。

小さいころ憧れた 「むらさきの こいし」

小さいころ 「むらさきの こいし」 が とてもキラキラで神秘的なものに感じました。

実際、「紫の小石の話」 と認識していたくらいですから。でもいま改めて読んでみると、小石、ふつうなんです・・・。キラキラじゃない。とかげの方が神秘的な感じがします。

なぜ小さいころ、あんなにキラキラに見えたんだろう?

その目線でもう一度よんでみました。そして見えた結論。

子どもの時と大人になってから読む絵本とでは、やはり感じ方がちがうんだ。

・・・ちょっとシュンとなりました。

いかに絵本の世界に入りこめるかどうか

ひだまりさん。が 読んだ小さいころ・・・が何歳くらいの時かは定かではありません。でも自分で読んだ記憶があるから、文字が読めて物語の背景が理解できるくらいのときかな。

「むらさきの こいし」 は、なかなか見つからないんです。

くるひも くるひも, アレクサンダは にわで むらさきの こいしを さがしつづけた。 だめだった。 きいろい こいし, あおい こいし, みどりの こいし―だが, むらさきの こいしは ひとつも なかった。

探しているときって、なかなか見つからないものです。それで諦めたころに ふいに見つかったりする。

主人公が探していた小石もそうです。ふいに見つかるんです。ページ数で言うとほんの3ページほどですが、たぶん小さいころの ひだまりさん。は、その数ページが長く感じられたのかもしれません。

どれだけ物語の世界に入りこめるかどうか

アレクサンダがあれだけ切実に探し求めていたものです。人間の子どもに可愛がられている ぜんまいねずみ、ウイリーのようになりたくて・・・。

小さいころの ひだまりさん。は、アレクサンダの気持ちで物語に入りこみながら読んでいたんだと思います。だからなかなか見つからない 「むらさきの こいし」 がキラキラで神秘的なものに見えていた。

歳を重ねてからもう一度よんで、あの時のようにキラキラに見えなかったことに寂しい気持ちになりました。

大人目線で見た『アレクサンダとぜんまいねずみ』

軽くショックを受けながらも、それでも発見したこともありました。

レオ=レオニの表現力です。

千代紙が使われているんですよね。とても素晴らしい。千代紙ってキレイです。柔らかくてなんとなく親しみがあって、見ていると懐かしい感じがしてきました。

この絵本のテーマは友情です。

主人公とぜんまいねずみ、ウイリーの友情が描かれていました。

最後にアレクサンダがとった行動に心が温まります。彼が "まほうの とかげ" に言った願いとは・・・?

自分のことよりも、ウイリーのことを考えたアレクサンダにジーンとしました。

・・・この結末、忘れていました。1番肝心なことなのに ^_^;

もう一つ大切なことを感じました。

大人になってから懐かしい気持ちを味わえるのって、とても素敵なこと。

小さいころから本に親しんできてよかった。絵本を与えてくれた両親に感謝します。子どものころ読んだ本を歳を重ねたいま読んでみると、違う発見があって面白いです。思い出の本がありましたら、ぜひ読んでみてください。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

あ行の作家 (77)
相場 英雄 (1)
青山 美智子 (1)
朝井 リョウ (1)
浅田 次郎 (1)
麻野 涼 (1)
麻見 和史 (2)
芦沢 央 (1)
綾辻 行人 (1)
新井 素子 (3)
有川 浩 (1)
安房 直子(童話) (16)
伊岡 瞬 (1)
池井戸 潤 (3)
伊坂 幸太郎 (2)
石川 智健 (1)
石田 衣良 (1)
伊藤 計劃 (2)
乾 くるみ (2)
岩木 一麻 (1)
上田 早夕里 (5)
冲方 丁 (1)
江國 香織 (9)
岡嶋 二人 (1)
小川 洋子 (1)
奥田 英郎 (1)
乙一 (2)
恩田 陸 (8)
あ行の作家 その他 (7)
か行の作家 (28)
海堂 尊 (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (9)
北川 恵海 (1)
北村 薫 (2)
清武 英利 (2)
倉本 由布 (2)
小林 由香 (2)
近藤 麻里恵(こんまりさん) (1)
今野 敏 (7)
さ行の作家 (15)
佐伯 和人 (1)
佐々木 譲 (6)
時雨沢 恵一 (1)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (1)
下村 敦史 (2)
宿野 かほる (1)
翔田 寛 (1)
住野 よる (1)
た行の作家 (26)
大門 剛明 (1)
高田 大介 (3)
高畑 京一郎 (2)
高野 和明 (1)
谷川俊太郎 (3)
知念 実希人 (1)
辻堂 ゆめ (1)
辻村 深月 (8)
筒井 康隆 (4)
堂場 瞬一 (2)
な行の作家 (27)
中山 七里 (10)
長崎 尚志 (1)
長沢 樹 (1)
長野 まゆみ (5)
夏川 草介 (5)
成田 名璃子 (1)
貫井 徳郎 (3)
ねじめ 正一 (1)
は行の作家 (49)
畑野 智美 (2)
羽田 圭介 (1)
帚木 蓬生 (4)
浜口 倫太郎 (1)
原田 マハ (7)
早見 和真 (1)
東野 圭吾 (25)
百田 尚樹 (1)
古谷田 奈月 (1)
星 新一 (3)
誉田 哲也 (1)
は行の作家 その他 (2)
ま行の作家 (39)
前川 裕 (1)
又吉 直樹 (ピース又吉) (1)
まど・みちお ( 詩集 ) (2)
真梨 幸子 (2)
三浦 しをん (1)
三島 由紀夫 (1)
道尾 秀介 (9)
湊 かなえ (2)
宮下 奈都 (1)
宮部 みゆき (8)
向田 邦子 (1)
村上 春樹 (2)
村山 早紀 (1)
村山 由佳 (1)
森 絵都 (3)
森 博嗣 (1)
森見 登美彦 (1)
ま行の作家 その他 (1)
や行の作家 (29)
薬丸 岳 (13)
柳 広司 (1)
山崎 豊子 (3)
山田 詠美 (1)
柚木 麻子 (1)
柚月 裕子 (1)
吉野 源三郎 (1)
米澤 穂信 (8)
海外の作家 (5)
SF (4)
ファンタジー (1)
絵本 (55)
佐野 洋子 (2)
刀根 里衣 (12)
藤城 清治 (4)
ロブ・ゴンサルヴェス (4)
クリスマスおすすめ絵本 (8)
大人にもおすすめ絵本 (25)
山本くんガチャ・その他の本 (21)
100万分の1回のねこ (13)
山本くん ガチャ (5)
その他の本 (3)
教科書の名作・古典 (7)
教科書の名作 (4)
平家物語・百人一首 (3)
映画・ドラマ・アニメなど (22)
三谷幸喜 (3)
ドラマ・映画 (12)
アニメ・漫画 (7)
GOPANレシピ・雑記・ゲームなど (37)
gopanレシピ (11)
ルピシアの紅茶 (2)
Twitter・ゲームなど (8)
雑記 (15)
ひだまりさん。面白かった本 (3)
ひだまりさん。とブログについて (9)