『君たちはどう生きるか』吉野源三郎 /【感想】コペル君の過ちから共感したこと

君たちは、どう生きるか。

宮崎駿さんのアニメが予定されていたり、漫画版が何かと話題になっている『君たちはどう生きるか』小説版を読みました。1982年に出版されていますので、今から35年くらい前の本ですか

なぜに今、この本が話題になっているの?

ちょっと不思議な気持ちで読みましたが、なるほど、心に響くものが確かにありました。

『君たちはどう生きるか』あらすじ & 評価

【あらすじ】
著者がコペル少年の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。・・・それは、人生いかに生くべきかと問うとき、常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切り離すことなく問われねばならぬ、というメッセージであった。

思わず 自分の行いを思い返してしまいました。

『君たちはどう生きるか』 オススメ度 : 感動 : 意外さ : 読みやすさ :

何となく哲学的な・・・、道徳の授業を受けている気にもなるこの小説。わかりやすいようで分かりにくい部分もあって、スラスラ読めるものではなかったです。最初の方は何やらよく分からないままに読んでいたのですが、共感したことがありました。それは後半のストーリーなんですが・・・、
思わず 感動!! ジーンとしてしまいました。

『君たちはどう生きるか』感想

今日のレビューは私が共感したことについて、本の内容をまじえながら書きたいと思います。
ちなみに 共感したことは2つありました。

  • コペル少年の過ちについて
  • 苦痛により、幸せを実感できることについて (←最近の私の経験を元にしています。)

可愛いコペルくんと頼もしい叔父さん

まずこの本は、15歳のコペル君 (本田潤一くん) が友だちや叔父さんと過ごす中で、様々な経験から物事を考えていくお話になっています。

テーマは、タイトルそのまま 「どう生きるか」 です。

難しそう・・・と思いますが、中学生の日常を描いてるので微笑ましく読めました。

毎学期のはじめ、体操の先生が全級を整列させて、帽子を取らせ、背の高さを見て整列の順を変えるとき、コペル君はそっと砂利の上に靴のかかとを乗せたり、出来るだけ早く首をのばしたりして、なんとか順序を繰りあがろうと苦心するのですが、成功したためしがありません。

背が低いのが悩みのコペルくん。ひだまりさん。も 小さいので、この気持ち分からなくもないです。イタズラ好きで、でも まっすぐな心を持っていて・・・この主人公が可愛いんですよね。

主な登場人物

  • 「ガッチン」 というあだ名の北見くん
  • お金持ちの家の水谷くん
  • 水谷くんのお姉さん
  • お豆腐屋さんの家の浦川くん
  • コペル君のお母さん
  • コペル君の叔父さん

友だちも個性的で面白いことながら、この叔父さんが様々なことを教えてくれる先生みたいな存在なんです。

コペル少年の日常、おじさんのノート・・・と、だいたい交互に描かれていて、"おじさんのノート" には 彼に宛てた大事なことが書かれています。

ここが少し哲学的な感じで理解できたり出来なかったりしますが、この小説のキモとなっています。

コペル少年の過ち (共感したこと①)

ひだまりさん。が、この小説を読んで共感したことの一つは、「雪の日の出来事」 のエピソードから始まります。

友だちの北見くんが上級生に目をつけられ、言い合いになってしまい、それを見ていた水谷くん、浦川くんは助けに入るのですが、コペル君は足が竦んでしまい、助けに入れなかったんです。結果、友だちなのに彼だけ見てみぬ振りをしてしまったこと。

彼は思い返しては悔やみ、そのうちに熱を出して寝込んでしまいます。そして布団の中で考えていたこと。・・・それは言い訳でした。

僕は約束どおり黒川たちの前に飛び出そうとしたんだけど、そのとき、ふとこう考えたんだ。ここは飛び出すのを思いとまって、よく事件を見とどけ、あとでちゃんと証人に立つ方がいいのではないかと。(中略) 実は、そう考えたもんだから、僕は、あのときわざと出なかったんだ。

・・・コペルくん、見苦しいぞ。
そう思いながら読んでいたのですが、ふと気づきました。私も過ちを犯してしまったときに、言い訳を考えてしまうこと、、、ある。

私も同じだ。

そう思った瞬間、本から顔をあげて自分の行いを思い返していました。

「叔父さん。僕、ほんとうに悪かったと思ってるの。北見君たちが、僕のこと怒ったって、仕方ないと思ってるの。僕、卑怯なことをしてしまったんだもの。卑怯なことを―」

叔父さんがコペル君にしたアドバイスは・・・。ぜひ本を読んでみてください。

彼の過ち、そしてその後にお母さんのエピソードもあるのですが、(ここでは割愛しますね。) その2つを読んで、過ぎ去った過ちは仕方がないけど、そのことについて、ちゃんと後悔することが大切なんだなと思いました。
いくら言い訳を言い繕ってみても、それは結局、言い訳に過ぎなくて、そのことは痛いくらい自分がよく分かっています。

過ちは消えないし、深ければ深いほど一生後悔し続ける。

コペル君の良いところは、言い訳も考えてしまったけど、最後には自分の非をきちんと認めて、友だちにも正直に打ち明けるところです。

自分の過ちを認めることって辛いことですね。でも自分に嘘をついて誤魔化してしまうのってダメだと思うんです。しっかり後悔することで人間性に深みが増すというか。その後の人生やその人の生き方が変わってくるんだと思います。

苦痛を感じて幸せを知る (共感したこと②)

2つ目に共感したことは 「苦痛を感じて幸せを知る」 ということです。

コペル君は、過ち、後悔をすることでその痛みを知りました。そしてそれにより、友だちを失くすかもしれないという危機感を覚えて、より友だちの大切さを実感したのではないかと思います。

ところで、ひだまりさん。は、最近まで風邪をこじらせていました。夜に熱が38℃を超え、朝はとりあえず下がるのですが、その状態を繰り返して3週間・・・。
仕事も休まず (←休め!) 、かなり辛かった~ (← 病院に行け!!) そんな状態でしたので 本も読めずにブログの更新もお休みしていました。(・・・更新しなかったのはそれだけが理由ではないのですが) それで その時に思ったことがあります。

風邪をひいたから、治った今の日常がとてもありがたいものに感じる。

吐き気まであってご飯が食べられない状態が続いておりました。それでようやくご飯が食べれたときに感じた幸せは とてつもなかったです。「苦痛を感じて幸せを知る」 ・・・^_^;

そして、本書の "おじさんのノート" に書かれていることで心にグサっと刺さったところがありました。

からだに痛みを感じたり、苦しくなったりするのは、故障が出来たからだけれど、逆に僕たちがそれに気づくのは、苦痛のおかげなのだ。

心に刺さったのは この部分です。
「体に痛みを感じたり、苦しくなったりしたときは故障しているサイン。しっかり休みましょう」
・・・ハイ。耳に痛いです。

もしも、体が故障しているのに痛みを感じなかったら・・・。命に関わってくるかもしれませんものね。

そう考えると、苦痛や痛みってイヤなイメージですが、大切なサインなんだなと思いました。

【共感したこと まとめ】

苦痛とか痛みとかというものは、たぶん誰でも感じることです。それこそ人間じゃなくて犬や猫でも。でもそこにある後悔とか反省という感情は人ならではのもの。"考える" ということが大切で、人は成長していくのかなとこの本を読んで思いました。

  • 過ちを犯しても誤魔化さずに認めること。
  • しっかり後悔すること。
  • 同じことを繰り返さないこと。
  • 風邪をひいたら しっかり休むこと。

今のこのタイミングで読めて良かった本です。

私はどう生きるか

最後まで読むと深い1冊でした。私は小説を読みましたが、漫画版も読んでみたくなります。

小説の最後に、こんな一文がありました。

君たちは、どう生きるか。

タイトルそのままの著者からの問いかけですが、この小説をよんだ後とよむ前では、ことばの重みが違ってきます。過去の自分をもう1度振り返ってみたくなりました。

私はどう生きるか。

・・・私はこれからどう生きるんだろう? 自分に正直に生きていきたいなと思いました。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

あ行の作家 (77)
相場 英雄 (1)
青山 美智子 (1)
朝井 リョウ (1)
浅田 次郎 (1)
麻野 涼 (1)
麻見 和史 (2)
芦沢 央 (1)
綾辻 行人 (1)
新井 素子 (3)
有川 浩 (1)
安房 直子(童話) (16)
伊岡 瞬 (1)
池井戸 潤 (3)
伊坂 幸太郎 (2)
石川 智健 (1)
石田 衣良 (1)
伊藤 計劃 (2)
乾 くるみ (2)
岩木 一麻 (1)
上田 早夕里 (5)
冲方 丁 (1)
江國 香織 (9)
岡嶋 二人 (1)
小川 洋子 (1)
奥田 英郎 (1)
乙一 (2)
恩田 陸 (8)
あ行の作家 その他 (7)
か行の作家 (28)
海堂 尊 (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (9)
北川 恵海 (1)
北村 薫 (2)
清武 英利 (2)
倉本 由布 (2)
小林 由香 (2)
近藤 麻里恵(こんまりさん) (1)
今野 敏 (7)
さ行の作家 (15)
佐伯 和人 (1)
佐々木 譲 (6)
時雨沢 恵一 (1)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (1)
下村 敦史 (2)
宿野 かほる (1)
翔田 寛 (1)
住野 よる (1)
た行の作家 (26)
大門 剛明 (1)
高田 大介 (3)
高畑 京一郎 (2)
高野 和明 (1)
谷川俊太郎 (3)
知念 実希人 (1)
辻堂 ゆめ (1)
辻村 深月 (8)
筒井 康隆 (4)
堂場 瞬一 (2)
な行の作家 (27)
中山 七里 (10)
長崎 尚志 (1)
長沢 樹 (1)
長野 まゆみ (5)
夏川 草介 (5)
成田 名璃子 (1)
貫井 徳郎 (3)
ねじめ 正一 (1)
は行の作家 (49)
畑野 智美 (2)
羽田 圭介 (1)
帚木 蓬生 (4)
浜口 倫太郎 (1)
原田 マハ (7)
早見 和真 (1)
東野 圭吾 (25)
百田 尚樹 (1)
古谷田 奈月 (1)
星 新一 (3)
誉田 哲也 (1)
は行の作家 その他 (2)
ま行の作家 (39)
前川 裕 (1)
又吉 直樹 (ピース又吉) (1)
まど・みちお ( 詩集 ) (2)
真梨 幸子 (2)
三浦 しをん (1)
三島 由紀夫 (1)
道尾 秀介 (9)
湊 かなえ (2)
宮下 奈都 (1)
宮部 みゆき (8)
向田 邦子 (1)
村上 春樹 (2)
村山 早紀 (1)
村山 由佳 (1)
森 絵都 (3)
森 博嗣 (1)
森見 登美彦 (1)
ま行の作家 その他 (1)
や行の作家 (29)
薬丸 岳 (13)
柳 広司 (1)
山崎 豊子 (3)
山田 詠美 (1)
柚木 麻子 (1)
柚月 裕子 (1)
吉野 源三郎 (1)
米澤 穂信 (8)
海外の作家 (5)
SF (4)
ファンタジー (1)
絵本 (55)
佐野 洋子 (2)
刀根 里衣 (12)
藤城 清治 (4)
ロブ・ゴンサルヴェス (4)
クリスマスおすすめ絵本 (8)
大人にもおすすめ絵本 (25)
山本くんガチャ・その他の本 (21)
100万分の1回のねこ (13)
山本くん ガチャ (5)
その他の本 (3)
教科書の名作・古典 (7)
教科書の名作 (4)
平家物語・百人一首 (3)
映画・ドラマ・アニメなど (22)
三谷幸喜 (3)
ドラマ・映画 (12)
アニメ・漫画 (7)
GOPANレシピ・雑記・ゲームなど (37)
gopanレシピ (11)
ルピシアの紅茶 (2)
Twitter・ゲームなど (8)
雑記 (15)
ひだまりさん。面白かった本 (3)
ひだまりさん。とブログについて (9)