『おしまいの日』新井素子/【感想】本当に壊れていたのは誰?

もうすぐそこに、おしまいの日が来る。

先日『ひとめあなたに・・・』を読んだら、こちらも読みたくなりました。新井素子さん『おしまいの日』です。あいかわらず読みづらさは感じますが、なかなか深い結末でした。

新井さんの小説って人によって好き嫌いが分かれそうなんですが、ハマる人はものすごくハマると思います、、、私のように (*^^*)

少しだけネタバレあります。

『おしまいの日』評価&あらすじ

最後に世界が一転する!?

『おしまいの日』 オススメ度 : 感動 : 意外さ : 読みやすさ :

新井素子さんの描き方はやはり独特。でも面白い!最後まで読むと、狂っていたのは誰か (何か?) わからなくなってきます。この展開がすごいなと思いました。

【あらすじ】
三津子と忠春は結婚七年、夫婦仲よく、絵に描いたように幸せな生活を送っていた。ただ一つ、忠春が仕事で毎晩、深夜をまわるまで帰宅しないことを除けば―。忠春を案じるが故に、三津子は少しずつ正気の淵から滑り落ちてゆく。そしてとうとう「おしまいの日」がやってくるのだが…。新井素子の傑作サイコ・ホラー、待望の復刊。―「BOOK」データベースより―

『おしまいの日』感想

サイコ・ホラーと言われるほど怖くはなかったけど、最後にある怖さ (疑問?) がわきあがってくる作品でした。

私が読んだのは文庫版で、上田早夕里さんが解説を書いていたのですが、そこに書かれていた言葉に頷いてしまいました。

本当の意味で壊れていたのは誰?(あるいは何?)

まさにそうなんです!
『おしまいの日』の魅力は ここにあります。何とも煮え切らない読後感・・・。読み終わると、それについて考えずにはいられなくなります。

夫に依存する妻

初めに感じたのは、夫に依存する妻の異常さでした。

春さんが、まだ、帰ってこない。

夫の春さん (忠春) を待つ妻・三津子が重い・・・。春さんは仕事人間で帰りはいつも遅く、三津子はひたすら夫の帰りを待ち続けます。毎晩 ご飯を作り、夫の帰りが午前さまになろうとも、自分も食べずに・・・。

夫中心の生活を送る彼女を見ていると、痛々しさを通りこして恐怖まで感じてしまいました。

あたしの、どこが、いけないの? 春さんの為に御飯を作り、できれば春さんと一緒にその御飯を食べたいと思う、あたしの、どこが、間違ってるの?

間違ってはいないけど・・・。毎日となると待たれている方は罪悪感に苛まれます。待たなくて良いから寝ててくれと。

最近 同じく新井素子さんの『ひとめあなたに・・・』を読んだばかりで、そのなかの 「チャイニーズスープ」 の由利子を連想してしまいました。

『ひとめあなたに・・・』新井素子 /【感想】地球最後の1週間!? ひとめあなたに会いたくて。 - 新井 素子

ひとめあなたに、会いたくて。 新井素子さん『ひとめあなたに・・・』。 先日、Twitter を眺めていたら久々に読みたくなった小説でした。・・・ちょうど手元にあった! ので...

自分が壊れている認識がないままに、壊れ続ける姿は怖さがあります。

三津子は徐々に精神を病んでいきます。

壊れていく三津子

この物語は、現実と三津子が毎日つけている日記とが交互に描かれていました。

日記には春さんのことばかり。そして彼女の心の叫びも書かれています。・・・それが少し切ない。

さみしい。気が狂いそうに、さみしい。さみしい。さみしい。でも、そんなこと、誰にも言えない。

春さんは帰宅が遅く、休みのはずの土日でさえもゴルフなどの接待や、休日出勤などで働き通しの毎日でした。・・・これは、でもさみしいだろうな。三津子の気持ちも理解できます。

そんな中で彼女は徐々に壊れていくんです。この辺りは少しホラーです。"にゃおん" と名付けた猫や、白い虫の下りなどを読んでいると、彼女の精神が病んでいるのが伝わってきました。

新井素子さんが描く狂った人の描写、ゾッとする。

本人はまともだと思っているのですが、傍から見るとどこかおかしい。壊れた人の視点で描かれているから、より怖さが増します。

黒く塗りつぶされた日記

「おしまいの日」 が近づくにつれて、ホラー感が強くなります。

もうすぐそこに、おしまいの日が来る。

三津子の日記の文字が黒く塗りつぶされた描写があって、そこにはいったい何が書かれていたのかとゾッとしました。・・・この辺りは怖かったです。

本当に壊れていたのは誰か

本当に壊れていたのは誰か (何か) ?

これが本書のキモだと思います。三津子はもちろん壊れていたのですが、果たして彼女以外はまともなのか?

最後に友だちの久美に宛てた手紙を読むと、ガツンと頭を殴られたような衝撃を受けることになります。そして、極めつけは春さんのラストです。

その展開を読むと、、、
壊れていたのは 彼女だけではないかもしれない ・・・ということに思い至るはずです。

仕事第一主義の夫、イヤなことは先延ばしにする久美、過労死寸前まで働かせる社会の仕組み。

本当に彼ら (と、世の中) は まともだと言える?

わからなくなります。・・・いえ、まともではない!!と思ってしまいます。最後まで読むと世界が一転したような気持ちになるんです。

『おしまいの日』を要約すると・・・

なかなか深い結末でしたが、その後に書かれている新井さんの 「あとがき」 を読んで、思わず微笑んでしまいました。『おしまいの日』を要約すると、

「春さんは、今日も帰ってこない」 と、まあ、そういう話です。

・・・なんだそうです (笑) 。確かに、春さんは今日も帰ってこない話だわ。簡潔すぎるくらい簡潔だけど。

あとがきが面白くて、ホラーな本編とのギャップが良いなと、こちらもツボにハマってしまった ひだまりさん。でした。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

あ行の作家 (77)
相場 英雄 (1)
青山 美智子 (1)
朝井 リョウ (1)
浅田 次郎 (1)
麻野 涼 (1)
麻見 和史 (2)
芦沢 央 (1)
綾辻 行人 (1)
新井 素子 (3)
有川 浩 (1)
安房 直子(童話) (16)
伊岡 瞬 (1)
池井戸 潤 (3)
伊坂 幸太郎 (2)
石川 智健 (1)
石田 衣良 (1)
伊藤 計劃 (2)
乾 くるみ (2)
岩木 一麻 (1)
上田 早夕里 (5)
冲方 丁 (1)
江國 香織 (9)
岡嶋 二人 (1)
小川 洋子 (1)
奥田 英郎 (1)
乙一 (2)
恩田 陸 (8)
あ行の作家 その他 (7)
か行の作家 (28)
海堂 尊 (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (9)
北川 恵海 (1)
北村 薫 (2)
清武 英利 (2)
倉本 由布 (2)
小林 由香 (2)
近藤 麻里恵(こんまりさん) (1)
今野 敏 (7)
さ行の作家 (15)
佐伯 和人 (1)
佐々木 譲 (6)
時雨沢 恵一 (1)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (1)
下村 敦史 (2)
宿野 かほる (1)
翔田 寛 (1)
住野 よる (1)
た行の作家 (26)
大門 剛明 (1)
高田 大介 (3)
高畑 京一郎 (2)
高野 和明 (1)
谷川俊太郎 (3)
知念 実希人 (1)
辻堂 ゆめ (1)
辻村 深月 (8)
筒井 康隆 (4)
堂場 瞬一 (2)
な行の作家 (27)
中山 七里 (10)
長崎 尚志 (1)
長沢 樹 (1)
長野 まゆみ (5)
夏川 草介 (5)
成田 名璃子 (1)
貫井 徳郎 (3)
ねじめ 正一 (1)
は行の作家 (49)
畑野 智美 (2)
羽田 圭介 (1)
帚木 蓬生 (4)
浜口 倫太郎 (1)
原田 マハ (7)
早見 和真 (1)
東野 圭吾 (25)
百田 尚樹 (1)
古谷田 奈月 (1)
星 新一 (3)
誉田 哲也 (1)
は行の作家 その他 (2)
ま行の作家 (39)
前川 裕 (1)
又吉 直樹 (ピース又吉) (1)
まど・みちお ( 詩集 ) (2)
真梨 幸子 (2)
三浦 しをん (1)
三島 由紀夫 (1)
道尾 秀介 (9)
湊 かなえ (2)
宮下 奈都 (1)
宮部 みゆき (8)
向田 邦子 (1)
村上 春樹 (2)
村山 早紀 (1)
村山 由佳 (1)
森 絵都 (3)
森 博嗣 (1)
森見 登美彦 (1)
ま行の作家 その他 (1)
や行の作家 (29)
薬丸 岳 (13)
柳 広司 (1)
山崎 豊子 (3)
山田 詠美 (1)
柚木 麻子 (1)
柚月 裕子 (1)
吉野 源三郎 (1)
米澤 穂信 (8)
海外の作家 (5)
SF (4)
ファンタジー (1)
絵本 (55)
佐野 洋子 (2)
刀根 里衣 (12)
藤城 清治 (4)
ロブ・ゴンサルヴェス (4)
クリスマスおすすめ絵本 (8)
大人にもおすすめ絵本 (25)
山本くんガチャ・その他の本 (21)
100万分の1回のねこ (13)
山本くん ガチャ (5)
その他の本 (3)
教科書の名作・古典 (7)
教科書の名作 (4)
平家物語・百人一首 (3)
映画・ドラマ・アニメなど (22)
三谷幸喜 (3)
ドラマ・映画 (12)
アニメ・漫画 (7)
GOPANレシピ・雑記・ゲームなど (37)
gopanレシピ (11)
ルピシアの紅茶 (2)
Twitter・ゲームなど (8)
雑記 (15)
ひだまりさん。面白かった本 (3)
ひだまりさん。とブログについて (9)