『三月は深き紅の淵を』恩田陸 /【感想】「待っている人々」 と読書について

たった一人に、たった一晩だけ貸すことが許された本

恩田陸さん『三月は深き紅の淵を』
恩田さんの著作の中でも圧倒的に好きな1冊です。タイトルからして素敵ですよね。そして表紙のイラストも好き。再読してのレビューです。

でもこの本、好きな人と全くダメな人とでレビューの評価が割れているんです。・・・なぜだ?こんなに面白いのに。

『三月は深き紅の淵を』あらすじ

読書好きにおすすめの一冊。

『三月は深き紅の淵を』 オススメ度 : 感動 : 意外さ : 読みやすさ :

【あらすじ】
鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に二泊三日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、十年以上探しても見つからない稀覯本『三月は深き紅の淵を』の話。たった一人にたった一晩だけ貸すことが許された本をめぐる珠玉のミステリー。 ―「BOOK」データベースより―

幻の本をめぐる4つの物語

この本は4つの章からなる短編集です。

目次
  • 第1章 待っている人々
  • 第2章 出雲夜想曲
  • 第3章 虹と雲と鳥と
  • 第4章 回転木馬

どれもに 「三月は深き紅の淵を」 という幻のような本が出てきます。

たった一人にたった一晩だけ貸すことが許された本

4つの物語の中で私が好きなのは、「待っている人々」 です。「出雲夜想曲」 も心に残る。

あ。やっぱり好きだな。

4つ全部のレビューを書きたいところですが、ダントツ好きな1章とその理由についてのレビューを書きたいと思います。

「待っている人々」 感想

『三月は深き紅の淵を』という本を読んでいるのに、その本が読みたくなってしまうなんて不思議な感覚。私が初めてこれを読んだとき、衝撃を受けたのを覚えています。

読んでみたい!「三月は深き紅の淵を」

主な登場人物は、鮫島巧一、金子会長、会長のお友達が3人。会社の会長の別宅に招かれた主人公・鮫島巧一が、その別宅のどこかにあるはずの本を探すお話です。たった一人にたった一晩だけ貸すことが許された『三月は深き紅の淵を』という本です。

恩田さんの描き方が上手いんですよね。金子会長と友人たちはそれぞれ読んだことがあって内容が小出しに書かれています。

これは読んでみたくなる。

そこに出てくる 「黒と茶の幻想」 とかは、恩田さんの他の著作に実際にあるんですよね。「待っている人々」 を読んでいると、読者もその幻の本にひきつけられるんです。こんな感覚、他では味わえません。

でも本書の魅力はそれだけではないです。私が改めて好きだなと思った理由は別のところにあります。・・・それは、「本を読む」 ということが肯定されているから。

読書が肯定される安心感

「待っている人々」 の空気感が好きです。

最初から最後までメインは 「三月は深き紅の淵を」 という1冊の本なんですよね。これは読書好きにはたまらない設定です。そして主人公を始め、ここに集う人たちがみんな読書を当たり前の習慣にしている。

驚いたことに、四人は朝食を終えると、それぞれ本を取り出し、台所のテーブルの隅っこを占めたり、ソファに転がったり、床に置いたクッションの上に腹這いになったり、肘掛け椅子に座って足をコーヒーテーブルに乗せるという乱暴な姿勢になったりして、勝手に本を読み始めたのだ。

こういう雰囲気、大好きです。
そういえば、前に読んだ江國香織さんの『なかなか暮れない夏の夕暮れ』を思い出しました。こちらも "本の中で本を読む" ということが描かれていました。

上手く言えないんだけど、これらの本を読むと、読書が肯定されているから安心感があるんです。

周りには 「本を読みます!」 と公言している ひだまりさん。ですが、上司とかに 「休日に本を読んでます!」 と堂々と言いづらい雰囲気があって。だからここで描かれている彼らを見ると共感するのかもしれません。

本を読む人って少数派?

第1章 「待っている人々」 には、こんな記述があります。

「今の若い人って、本読むのかなあ?」

今の若者世代じゃ本の話なんてほとんどタブーに近いですよ。読んでても、恥ずかしくて、読書してますなんて言えない。

日本の社会自体、本読む人間には冷たいんですよ。本読むのって孤独な行為だし、時間もかかるでしょ。日本の社会は忙しいし、つきあいもあるし、まともに仕事してるサラリーマンがゆっくり本読む時間なんてほとんどないじゃないですか。本なんか読ませたくないんだな、って気がする。

この辺りの会話も、ひだまりさん。が この章が好きな理由です。1冊の本をめぐる話だけじゃなく、"本を読む" ということについて深く追求しているんです。

前によんだ絵本『スイミー』のレビューに、"1人で過ごす大切な時間 " ということで少しだけ読書について書きました。

・・・ので、それについては省きますが、なんとなく 「本を読みます!」 と大っぴらに言いづらい現代。私はまわりの人と本について語り合う・・・というのが、ほとんどない環境で暮らしています。

本を読む人って少数派?

どうだろう。アンケートとったことないからわからないけど。こんなに面白い本が世の中にはいっぱいあるのに、それを読まないなんてもったいない!!・・・と思ってしまいます。読む読まないは自由ですけどね。ひだまりさん。は、本をよむ側で良かった。

『三月は深き紅の淵を』は 物語に没頭する楽しさを実感できた本

物語に没頭する楽しさを実感した本。

それが『三月は深き紅の淵を』です。今や恩田さんの代表作になりつつある『蜜蜂と遠雷』も、そういう意味ではどんぴしゃなのですが、こっちの方が恩田さんらしいなと思います。

改めて本を読む自分と向き合えた。

初めて読んでからずいぶん経っているのに、今も変わらず印象深く心に残っている物語です。

こちらもおすすめ。

『なかなか暮れない夏の夕暮れ』江國香織/ページをめくる官能と幸せなひととき - 江國 香織

江國香織さん『なかなか暮れない夏の夕暮れ』「人生」と「読書」が織りなす幸福なとき。江國さんの本を読むと、無意識のうちに「華子」を探している自分が...

「ページをめくる官能」 というのを感じられる小説でした。物語に没頭する主人公に親近感がわきます。・・・だから読書はやめられない。江國香織さんのミステリーというものを初めて読んだ気がします。

『スイミー』(絵本)レオ=レオニ&谷川俊太郎 /【感想】1人になって見えた世界 - 教科書の名作

『スイミー』 ちいさな かしこい さかなの はなし うみには, すばらしい ものが いっぱい あった。 レオ=レオニ (作) 谷川俊太郎 (訳) 学校の教科書でおなじみ...

教科書でおなじみの『スイミー』。大人になってから読むと印象がガラッと変わりました。「ひとりの時間」 について感じたことをレビューにしました。

関連記事

コメント 2

There are no comments yet.
焼酎太郎  

おつかれさまです。

私もこの本好きです。
一番、恩田陸らしいですね。このころの恩田陸は良かった。
黒と茶の幻想とか黄昏の百合の骨とかに続いていく流れが好きです。
きれいな女子の先輩が学園の奥のほうでなにやらごそごそしてるみたいな。
怪しげでね、終わってみればいつもなんてことのない物語なんだけど(笑)
ほんと雰囲気だけで読ませる作家ですわ。

2017/09/15 (Fri) 10:43 | EDIT | REPLY |   
ひだまりさん。  
焼酎太郎さんへ。

おつかれさまです。
冒険の旅から帰ってまいりました (*^o^*)
また旅立ちます。

「黒と茶の幻想」 良いですね。
あと理瀬シリーズも好きです。
私もどちらかと言うと、過去の作品の方が好きかもしれません。
「蜜蜂と遠雷」 も夢中で読みましたが、恩田さんらしからぬ感じがしました。
「三月は深き紅の淵を」 は、とても心に残っていていつまでも色褪せません。良い意味の恩田さんらしさが出ている作品だと思います。

2017/09/15 (Fri) 13:04 | EDIT | REPLY |   

コメントを残す

あ行の作家 (80)
相場 英雄 (1)
青山 美智子 (1)
朝井 リョウ (1)
浅田 次郎 (1)
麻野 涼 (1)
麻見 和史 (2)
芦沢 央 (1)
彩坂 美月 (1)
綾辻 行人 (2)
新井 素子 (3)
有川 浩 (1)
安房 直子(童話) (16)
伊岡 瞬 (1)
池井戸 潤 (3)
伊坂 幸太郎 (2)
石川 智健 (1)
石田 衣良 (1)
伊藤 計劃 (2)
乾 くるみ (2)
岩木 一麻 (1)
上田 早夕里 (5)
冲方 丁 (1)
江國 香織 (9)
逢坂 剛 (1)
岡嶋 二人 (1)
小川 洋子 (1)
奥田 英郎 (1)
乙一 (2)
恩田 陸 (8)
あ行の作家 その他 (7)
か行の作家 (29)
海堂 尊 (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (9)
北川 恵海 (1)
北村 薫 (2)
清武 英利 (2)
倉本 由布 (2)
小林 由香 (2)
近藤 麻里恵(こんまりさん) (1)
今野 敏 (8)
さ行の作家 (16)
佐伯 和人 (1)
佐々木 譲 (6)
時雨沢 恵一 (1)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
下村 敦史 (2)
宿野 かほる (1)
翔田 寛 (1)
住野 よる (1)
た行の作家 (33)
大門 剛明 (1)
高田 大介 (3)
高畑 京一郎 (2)
高野 和明 (1)
谷川俊太郎 (3)
知念 実希人 (1)
辻堂 ゆめ (1)
辻村 深月 (12)
筒井 康隆 (4)
恒川 光太郎 (3)
堂場 瞬一 (2)
な行の作家 (27)
中山 七里 (10)
長崎 尚志 (1)
長沢 樹 (1)
長野 まゆみ (5)
夏川 草介 (5)
成田 名璃子 (1)
貫井 徳郎 (3)
ねじめ 正一 (1)
は行の作家 (55)
畑野 智美 (2)
羽田 圭介 (2)
帚木 蓬生 (4)
浜口 倫太郎 (1)
原田 マハ (11)
早見 和真 (1)
東野 圭吾 (26)
百田 尚樹 (1)
古谷田 奈月 (1)
星 新一 (3)
誉田 哲也 (1)
は行の作家 その他 (2)
ま行の作家 (47)
前川 裕 (1)
又吉 直樹 (ピース又吉) (1)
まど・みちお ( 詩集 ) (2)
真梨 幸子 (2)
三浦 しをん (1)
三島 由紀夫 (1)
道尾 秀介 (11)
湊 かなえ (7)
宮下 奈都 (1)
宮部 みゆき (8)
向田 邦子 (1)
村上 春樹 (2)
村田 沙耶香 (1)
村山 早紀 (1)
村山 由佳 (1)
森 絵都 (3)
森 博嗣 (1)
森見 登美彦 (1)
ま行の作家 その他 (1)
や行の作家 (29)
薬丸 岳 (13)
柳 広司 (1)
山崎 豊子 (3)
山田 詠美 (1)
柚木 麻子 (1)
柚月 裕子 (1)
吉野 源三郎 (1)
米澤 穂信 (8)
海外の作家 (5)
SF (4)
ファンタジー (1)
絵本 (58)
佐野 洋子 (2)
刀根 里衣 (13)
藤城 清治 (4)
ロブ・ゴンサルヴェス (4)
クリスマスおすすめ絵本 (8)
大人にもおすすめ絵本 (27)
山本くんガチャ・その他の本 (21)
100万分の1回のねこ (13)
山本くん ガチャ (5)
その他の本 (3)
教科書の名作・古典 (7)
教科書の名作 (4)
平家物語・百人一首 (3)
映画・ドラマ・アニメなど (22)
三谷幸喜 (3)
ドラマ・映画 (12)
アニメ・漫画 (7)
GOPANレシピ・雑記・ゲームなど (36)
gopanレシピ (11)
ルピシアの紅茶 (2)
Twitter・ゲームなど (8)
雑記 (14)
厳選!!面白かった本&特集記事 (4)
ひだまりさん。とブログについて (11)